逆指値注文とは?マスターしてほしいFXの注文方法を知ろう!

こんにちは!うさたです!

 

今日は、逆指値(ぎゃくさしね)注文についてご紹介したいと思います!

 

FX未経験の方は、「逆指値注文」という言葉は、あまり耳慣れない言葉だと思います。。
でも、もしかしたら「損切り」や「ロスカット」という言葉は、聞いたことがあるかもしれませんね。

この記事でお伝えする逆指値注文は、損切りに関わる大切な注文方法です!

逆指値注文は、損切りのような決済注文だけでなく、エントリーとして新規ポジション建てる際に逆指値注文を使うこともできます!

ぜひ逆指値注文をマスターしていただき、資産管理やメンタル管理をしっかり行えるトレーダーとしてさらに成長につながったら嬉しいです!

 

この記事では、逆指値注文の基本についてご紹介いたします。

ぜひ、あなたのトレードにお役立てください!

この記事でお伝えすること!
逆指値注文とはどのような注文方法?
逆指値注文のメリットやデメリット・注意点について

本題に入る前に

この記事の内容を読み進めていくに当たって成行(なりゆき)注文」と「指値(さしね)注文」を知っておくと、逆指値注文について、より理解が深まるでしょう!

「成行注文」と「指値注文」について全然分からないという方もいらっしゃると思います。

でもご安心ください!

こちらの記事で成行注文と指値注文をイラストつきでご紹介しています!

成行注文や指値注文を全然知らない方も、知ってるけどトレードのヒントをお探しの方も、ぜひ一度ご覧くださいませ!

逆指値注文とは

逆指値注文とは、指値注文と同様に、レートを指定して注文を出す注文方法のひとつです!
成行注文のように、今すぐ注文を成立させることはできません

事前に逆指値注文を出しておいて、レートが逆指値注文のレートに到達したら成立する注文方法になります。

くまた
指値注文と同じで、指定レートで注文を出す方法だね。

うさた
すごい!よく覚えてるね!
そのとおりです!逆指値注文も指定レートで注文を出す方法だよ!

うさた
逆指値注文で「ポジションを建てるとき」と「決済注文を出すとき」のイメージをイラストにしてみましたので、早速すすんでいきましょう!

 

逆指値注文でポジションを建てるとき

逆指値注文で買いポジションを建てるとき、注文を出す時のレートより高いレートを指定して、事前に注文を出しておくことができます!
反対に、逆指値注文で売りポジションを建てるとき、注文を出す時のレートより低いレートを指定して、事前に注文を出しておくことができます!

くまた
ふむふむ。

うさた
文字では伝わりにくいと思ったので、イラストをご用意いたしました!


 逆指値注文でポジションを建てるとき
買い注文を建てる=注文時のレートより高いレートを指定して逆指値注文を入れる
売り注文を建てる=注文時のレートより低いレートを指定して逆指値注文を入れる

くまた
おぉー!なるほどねー。

うさた
伝わったみたいだね!
イラスト作ってよかった!

逆指値注文でポジションを建てるときは、このように注文を入れます。

繰り返しになりますが、買いポジションを持ちたいときは現レートより高いレート、売りポジションを持ちたいときは、現レートより低いレートを指定する注文方法です。

続いて、逆指値注文で決済するやり方を見ていきましょう!
逆指値注文で決済する方法は、FXで収益アップを目指していく上で、すっごく大事な注文方法です!

しっかりマスターして、トレードで活用してほしいです!

逆指値注文で決済注文を出すとき

逆指値注文で決済するときも、ポジションを建てるときと同様に、指定レートで注文を出す方法になります。

逆指値注文で買いポジションの決済注文を出すとき、現在のレートより低いレートを指定して、事前に注文を出しておくことができます!

売りポジションを決済するときは、この反対です。
逆指値注文で売りポジションの決済注文を出すとき、現在のレートより高いレートを指定して、事前に注文を出しておくことができます!

うさた
こちらもイラストを使って見ていきましょう!


 逆指値注文で決済するとき
買いポジションを決済する=現在のレートより、低いレートで決済する
売りポジションを決済する=現在のレートより、高いレートで決済する

このように逆指値の決済注文では、買いポジションを決済するときは現レートより低いレートで決済し、売りポジションを決済するときは現レートより高いレートで決済します。

くまた
すべて、指値注文と反対側なんだね。

うさた
くまたくん今日は冴えてるね!
そのとおりです!
逆指値注文で指定できるレートの範囲は、指値注文で指定できるレートの反対側になります!

 

ここまでで、逆指値注文とはどういう注文なのかをご紹介してきました。
「ポジションを建てるとき」、「決済注文のとき」に加えて、それぞれに「買い」のときと「売り」のときがありますので、なんだかややこしい印象を持つ方もいらっしゃると思います。
ぼくも、FXを勉強したての頃は頭の中がごちゃごちゃしてしまって、あまりピンときてませんでした。

逆指値注文を、よりクリアに理解していただくためにも、ここからは逆指値注文のメリットやデメリット・注意点を解説していきます!

逆指値注文のメリットやデメリット・注意点

注文方法としての逆指値注文のメリットやデメリットと注意点は、指値注文のメリットやデメリット・注意点と共通することが多いです。

逆指値注文のメリット

逆指値注文の注文方法のメリットとしては、やはり指定したレートに事前に注文を入れておけば、その後、ほったらかしにしておいても、レートが指定レートに到達すれば注文が自動で執行されるところです。

チャートを監視しながら注文のタイミングを待っている時間を、他のことに使うことができます。

いろんな方の様々なライフスタイルがあるので、なるべくチャートを監視する時間を少なくして、FXで収益アップを目指したい方も多いのではと思います。

自動で執行されるというメリットは、大切な時間をさらに活用していくというFXの魅力のひとつにつながるため、大切なポイントになるでしょう。

うさた
時間はホントに大切ですよね!

逆指値注文のデメリットと注意点

デメリットとしては、レートが指定レートに到達して執行されることが条件のため、『今すぐなんとかしたい!』という場面で即座に現レートで注文を執行させることができないことです。

そのような場面では、成行注文を使えばその場ですぐに注文を執行することができますが、逆指値注文ではそういうわけにはいかないのです。

また、先ほど「レートが指定レートに到達して執行されることが条件」とお伝えしましたが、裏を返せば、「レートが指定レートに到達しなければ、注文が執行されることはない」ということでもあります。

言い換えれば、せっかく一生懸命相場を分析してポジションを建てる逆指値注文を出しておいたとしても、レートが微妙に届かなかったらポジション建ては執行されません。
これは、デメリットというより注意点として知っておいていただきたいことになります。

相場の未来は誰にも分からないので、どんなに余裕のあるトレードをしていたとしても、「注文を出しておいて終わり」ではなく、やはりときどきトレードの状況を確認すると良いでしょう。
出しておいた注文の執行状況も分かりますし、相場の市場心理がどのような状況かを確認することもできるからです!

くまた
たしかに自分のお金に関わることだから、ぼくのトレードスタイルに合わせてチェックするようにしなきゃね。

↓トレードスタイルについて詳しく知りたい方はこちら!↓

逆指値注文のもうひとつのメリット

実は、逆指値注文には、もうひとつのメリットがあります。

とても大事なポイントになるので、先ほどご紹介したメリットとは別枠をここに作ってご紹介させていただきます!

その大事なポイントとは、逆指値での決済注文にまつわる内容です。

うさた
ねぇねぇくまたくん。
さっき出てきた「決済の逆指値注文」をもう一度見てもらっていい?

くまた
いいよ?
このイラストだよね。

くまた
このイラストがどうかしたの?

うさた
イラストに緑色で「今」って書いているところでポジションを持ったとしたら、イラストの逆指値注文で指定するレートで決済すると、利益になると思う?

くまた
えっ?
狙ったところで決済なのに利益にならないの?

うさた
「買い」も「売り」も、よ~く見てね。

くまた
・・・・・

くまた
(はっ!)

 

そうなんです!
決済の逆指値注文は、「損切り注文」のことだったのです!

「逆指値注文」を英語で調べると、「stop (loss) order」や「stop limit order」という呼び名で出てきます。
直訳すると、「損失を止める注文」=「損切り注文」ということになりますね!

 

くまた
そうだったんだ・・・。気づかなかった。

うさた
文字や画像だけでは伝わりにくいこともあるよね!

 

逆指値決済注文のもうひとつのメリットとして、損切り注文であるということをご紹介したいがために、このように別枠をとらせていただきました。
それぐらい損切りって大事なんだという思いが伝わっていると嬉しいです!

FXの世界で収益を上げ続けていくためには、資産管理メンタル管理がとても重要です!

「損切り」は、その両方に関わるものすごく大切なポイントです!

ポジションを持ったら、すぐに損切り注文(=逆指値決済注文)を入れることをルールとして徹底してほしいと切に願っています!

損切りを設定しておかないと、コツコツと積み上げた資産が1トレードで吹き飛んでしまうことだってありますからね!

くどいようですが、損切りはあなたの資産管理に重要な役割となりますので、損切りは必ず入れてトレードすることをおすすめします!!

うさたのちょこっとポイント!

別の記事で書いたことがありますが、FX会社によっては、『ポジションを建てる注文を出したら、自動で一緒に損切り注文を出してくれる』機能を備えたFX会社があります。

その機能があれば大変便利です!

例えば、新規ポジションのレートから10pips離れたところに損切り注文を入れたい場合、通常であれば、自分が保有しているポジションを選択して、10pips離れたレートを自分で設定した逆指値注文を入れます。

しかし、この便利機能があれば、成行注文でポジションを建てても、その瞬間損切り注文も同時に出してくれるのです!

その自動で出してくれる損切り注文は、あとから損切り幅を変えることもできますし、自分の設定次第で毎回出してくれる損切り幅を変更することも可能です!

「いつも10pipsの損切り注文を自動で出す設定にしてたけど、やっぱり20pipsに変更しようかな」という設定も簡単にできます!

こういうシステムってホントにありがたいですよね!

逆指値注文のまとめです!

逆指値注文とは?マスターしてほしいFXの注文方法を知ろう!まとめ!
  • 逆指値注文は、ポジション建てと決済注文の両方使える!
  • レートを指定して注文する方法!
  • レートに到達されないと執行されない
  • 事前に注文を出せるので、時間効率を良くしやすい!
  • 逆指値決済注文は、FXでめちゃくちゃ大事な損切り注文!!!

まとめ


最後までお読みいただきありがとうございます!

逆指値注文について、ちょっとでもあなたのFXの成長につながっていると、とても嬉しいです!

この記事の最後の方でお伝えしましたが、逆指値注文は損切り注文です。
損切り注文は資産管理の要です!
まずは、逆指値注文を理解して、ポジションを持ったらすぐに損切り注文を出せるぐらいマスターしてほしいと思っています!

損切りにフォーカスが当たっていますが、この記事の序盤でご説明したように、逆指値注文はエントリーにも使えます!
逆指値注文のエントリーでの上手な使い方については、また別の記事でお伝えしますね。

これで、FXの基本の注文方法である「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3つがどのような注文なのか、メリットとデメリットと注意点などがご理解いただけたかと思います。

FXには、他にも注文方法がありますが、その多くはこの3つの注文方法のいずれかを応用した注文方法のようなものです。
この3つの注文方法をしっかり理解することによって、他の注文方法が生きてくるとぼくは考えています。

ぜひこの「基本」を大切にしてトレードをすることで、あなたが納得できるエントリーや利確、損切りに役立てていきましょう!

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事