【FX|インジケータ】移動平均線とは?種類と仕組みを知って『使い方』を理解しよう!

こんにちは!うさたです!

 

今日は、チャートで表示するインジケータのひとつ「移動平均線」をご紹介したいと思います!

MT4チャートを使っておられる方はご存知だと思いますが、チャートにカスタマイズできるインジケータはホントにすごい種類が存在しています。

その中でも移動平均線は、FX口座を開設したらチャートを補助するインジケータとして、どのFX会社も事前に準備してくれているぐらい、とっても人気のあるインジケータのひとつです!

この記事では、移動平均線とは何かなど、移動平均線の種類や仕組みについてをご紹介していきます!

移動平均線とは

移動平均線とは、設定した期間の終値を平均した値を線で結んだグラフのことです!

このチャートでは、3本の移動平均線を表示させています。
赤、青、黄色の3本の線がご確認いただけると思います。これが移動平均線です!

 

移動平均線には、種類があります。
まずは移動平均線の種類をご紹介いたします。

FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー

FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー

GREEN MONSTER .INC無料posted withアプリーチ

移動平均線の種類

移動平均線には3種類の移動平均線があります。

単純移動平均線

単純移動平均線(SMA:Simple Moving Averageもしくは単にMA:Moving Average)
一定期間の終値を平均して線で結んだグラフ。一般的に「移動平均線」と呼ばれるものは、この単純移動平均線を示している場合が多いです。

加重移動平均線

加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)
加重移動平均線は、単純移動平均線に比べて直近のレートに比重をかけた移動平均線です。単純移動平均線よりも相場の動きに早く反応することが特徴です。

指数平滑移動平均線

指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)
指数平滑移動平均線も加重移動平均線と同様に、直近のレートに比重をかけた移動平均線です。加重移動平均線に比べて指数平滑移動平均線は、さらに直近のレートに比重を置き、含まれる値が過去になればなるほど比重を軽くする移動平均線です。単純移動平均線や加重移動平均線に比べて、変化をより早く表す移動平均線と言われています。

うさた
今回は、単純移動平均線についてご紹介していきますね!

一番シンプルな単純移動平均線を知っておくだけで、移動平均線とはどういうものかがつかめるので、もう少し詳しく移動平均線の仕組みを見ていきましょう!

単純移動平均線の仕組み

ここから単純移動平均線(=以下、移動平均線)の仕組みについてご説明いたします。

まず初めにこちらのイラストをご覧ください。

3種類の移動平均線の内、ひとつが「MA(5)」と表示されています。
この意味は「ローソク足5本分の終値を平均したグラフ」であることを意味しています。

計算式はこのような計算式になります。

単純移動平均線の計算式
(「終値1」+「終値2」+「終値3」+「終値4」+「終値5」)÷5

例えば、直近のローソク足5本の終値が以下だった場合の移動平均値を計算してみます。
「終値1=80円」+「終値2=90円」+「終値3=100円」+「終値4=110円」+「終値5=120円」
→500÷5=100
→移動平均値=100

くまた
なるほどー。ホントに単純だね!

うさた
では実際に計算してみましょう!

こちらのイラストをご覧ください。

ローソク足5本の終値は、ローソク足左側から①100円②101円③102円④103円⑤104円だった場合、MA(5)の移動平均値はいくらになるでしょう?

くまた
よし!できた!

うさた

それでは答え合わせをしてみましょう!

正解はこちら!

102円

くまた
オッケィ!

うさた

あなたはわかりましたか?

答えの解説をしていきます!

答えの解説

100円+101円+102円+103円+104円=510
→510÷5=102

うさたのちょこっとポイント!

【移動平均線のパラメータ】
移動平均線のパラメータってご存知ですか?
「どれぐらいの期間を平均しますか?」という中の「どれぐらいの期間」がパラメータに当たり、FX会社によっては自分で設定を変更していくことができます。
FX口座を開設したらチャートも用意されてて、インジケータのパラメータはデフォルトで入力されてあります。移動平均線のパラメータはデフォルト値はFX会社によって異なりますが、例えば移動平均線のパラメーターをデフォルトから変更させて21に設定したとします。
日足21本分が月足約1本分に当たるという概念を用いて考えると、日足チャートの移動平均線のパラメータを21にしておくと、ローソク足21個分の移動平均線が表示されるため、日足チャートに月足チャートに当たる移動平均線を表示させることができます。
これにパラメータ5の移動平均線を表示させると、もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、週足の移動平均線を表示させることができます。
日足チャートに、週足と月足の移動平均線を表示させることで、画面を切り替えなくても日足チャートを見ながらそれぞれのトレンドを確認してトレードすることができます。
これはあくまでテクニックです。
このパラメータで移動平均線を表示させているからと言って、月足チャートや週足チャートを見なくてよいということではありません。
やはり市場心理を読解するにはチャートを見るのが一番だとぼくは思います。
市場心理が反映されるポイントを確認してから、移動平均線を上手く使ってトレンドに乗って利益を増やしていってくださいね!

移動平均線のパラメータ設定方法については別の記事でお伝えしますね!

移動平均線とは?まとめ!
  • 移動平均線とは、設定した期間の終値を平均した値を線で結んだグラフ!
  • 移動平均線の種類は3種類!中でも単純移動平均線がメジャーです!
  • 計算方法は、一定期間のローソク足の終値を足して、ローソク足の数で割るだけの平均値です!
  • 移動平均線は、世界中のトレーダーが使用しているインジケータ!

まとめ

トレードをしていて、移動平均値を実際に計算することはあまりないと思います。チャートに移動平均線を表示させると、自動で計算してて表示してくれるので、ぼくたちは計算することはありません。

では、なぜ移動平均線について解説して、計算の仕方をお伝えしたと思いますか?
実際に計算してみることで、移動平均線の仕組みに対する理解が深まると思ったからです。
移動平均線の意味を理解して使っていないと『ただ平均値がグラフになって表示されているだけ』になりかねません。

 

他のインジケータにも同じことが言えますが、そのインジケータが「どういうものか」を知ってはじめて「どう活用したらいいか」が自分で導き出すことができるようになると考えています。

インジケータを表示させるのであれば、インジケータが「どういうものか」を知って活用すると、トレードでどう使えばいいか見えてきますよ!

【無料】FXなび|移動平均線を設定してみよう!

FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー

FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー

GREEN MONSTER .INC無料posted withアプリーチ

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事