FX会社スプレッド比較【Step3|クロス円】【2019年】

こんにちは!うさたです!

FX会社スプレッド比較のStep3です!今回はクロス円でFX会社のスプレッドを比較していきます。
FX会社スプレッド比較で最後のStepとなります。

Step1とStep2のスプレッド比較によって、FX会社が16社から6社まで厳選されましたね!
FX会社スプレッド比較Step1Step2では、ドルストレートの5通貨ペアのスプレッドを比較してFX会社を絞ってきました。以前のFX会社スプレッド比較の記事が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

厳選FX会社6社を確認する

FX会社スプレッド比較Step1・2を経て、勝ち残ったFX会社6社を確認しましょう。
厳選されたFX6社はこちらです。

うさた
以上の6社です!

くまた
ここまで残るだけでもすごいことだよね。

うさた
ホントにそうだね!ここに残っているだけでも業界最狭水準のスプレッドだよね!

以上の6社をクロス円のスプレッドで比較していきます。

比較するクロス円の通貨ペアをのご紹介

クロス円の通貨ペアはたくさん種類があるのですが、今回比較するクロス円の通貨ペアは4種類です。

うさた
その通貨ペアがこちらです!
スプレッド比較するクロス円通貨ペア4種類!

ユーロ/円

ポンド/円

豪ドル/円

ニュージーランドドル/円

この4種類にしたのには、理由があります。

この4種類のクロス円の通貨ペアを選んだ理由
Step1で米ドル/円とユーロ/米ドルの比較をしました。
この2種類の通貨ペアと今回のクロス円4種類の通貨ペアを合わせると、主要6通貨ペアとなります。クロス円の中でも特に日本人トレーダーに人気のある通貨ペアで比較することによって、FX未経験の方でもスプレッドで選べるようになっています。さらに、以下のような別の比較の仕方もできるようになっています。
Step1、2で人気ドルストレートの通貨ペアのスプレッド比較ができます。
Step1、3で主要6通貨ペアのスプレッド比較ができます。Step1~3は、扱いやすい通貨ペアの順番でFX会社を選べるようになっています。あなたにあった通貨ペアでスプレッド比較ができるようにしていますので、FX会社選びの時はぜひ参考にしてくださいね!

クロス円4通貨ペアスプレッド一覧

FX会社 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZD/円
DMM.com証券 0.5 1.0 0.7 1.2
GMOクリック証券 0.5 1.0 0.7 1.2
OANDA Japan 0.6 1.4 0.7 1.8
外為ジャパン 0.5 1.0 0.7 1.2
みんなのFX 0.4 0.9 0.6 1.0
LIGHT FX 0.4 0.9 0.6 1.0

*スプレッド:原則固定・例外あり
*FX各社HPより引用(2019年2月1日)
スプレッドが狭い順に、文字色を「」「」「」の3色に色分けしました!

結果発表!

FX会社スプレッド比較Step1~3を通過して、最もスプレッドが最狭水準のFX会社はこちらのFX会社でした!(FX会社のバナーをクリックすると公式サイトが開きます)

 

LIGHT FX

LIGHT FX

まとめ

FX会社スプレッド比較Step3
厳選6社に残ったFX会社は、クロス円のスプレッドはほぼ同じでしたね。
トレイダーズ証券の2社がたくさんあるFX会社の中で最もスプレッドが狭い水準と言えます。GMOクリック証券など他のFX会社と0.1pipsぐらいの僅差ですが、それでもスプレッドが狭い方がいい方にはおすすめのFX会社です。ぜひ検討してみてくださいね。

スプレッドを含めた厳選6社の簡単な説明を下に載せてます。
決めきれなかった方は、そちらをご覧ください。

みんなのFX(トレイダーズ証券)
業界最狭水準のスプレッド
主要6通貨ペアと人気ドルストレートの通貨ペアのスプレッドが国内最狭水準!
「ファイナンス・マグネイト東京サミット2015」のファイナンシャルマグネイトアワードにおいて「ベスト・FXブローカー賞」を受賞!
マイナー通貨の取り扱いも充実しています。
LIGHT FX
みんなのFXと同水準
「みんなのFX」のトレイダーズ証券の子会社なので、HPで公開しているスプレッドは同じです。みんなのFX同様、人気高金利通貨ペアを取り扱ってます。
「LIGHT FX」はFXに特化した取引システムで、ブランド名の通り「気軽(LIGHT)に」FXを取引いただけるよう立ち上げたトレイダーズ証券子会社の新ブランドです。ただ、ぼくなら、みんなのFXでも1,000通貨で取引できるので、新参者のLIGHT FXにするんだったらこれまでの信頼と実績がある「みんなのFX」にします。差別化できるサービスを今後期待しています!
GMOクリック証券
FX取引高7年連続世界第1位
トレイダーズ証券とのスプレッド比較では、0.1pipsのわずかな僅差なので業界最狭水準のスプレッドです。スプレッドが乖離しても収束するのが他社より早く感じます。個人的には、こういうところでシステム力の実力差を感じますね。使っていて安心感が違います。取引は1万通貨からとなります。スワップポイント、テクニカルが充実したチャート、信託保全、サポート体制、すべてハイスペックなのがさらにすごいです。
FX取引高7年連続世界第1位( ファイナンス・マグネイト社調べ|2012年1月~2018年12月)
取引高が世界一とは、つまり『FX口座を作った後、ずっと使われている証』です。
DMM.com証券
FX口座数国内第1位
公開しているスプレッドは、GMOクリック証券とほぼ同じで業界最狭水準のスプレッドです。DMM FXはスキャルピングを公認していませんが、このスプレッドだとデイトレードで十分なスプレッド幅です。さすがDMM.com証券。国内No.1のFX口座数を持っているだけあります。会社の母体がしっかりしているのも安心で、完全信託保全です。
個人的には、スマホ機能が一番使いやすいと感じます。チャートや注文機能は、なるべくストレスが少ないものを選ぶことをおすすめします。取引は1万通貨からです。
外為ジャパン
DMM.com証券子会社
スプレッド幅はDMM.com証券の子会社なので、DMM FXと同じで業界最狭水準です。「DMM FXがいいけど、1万通貨はちょっと・・・』という方におすすめです。
外為ジャパンでは、デモ口座はないそうです。(外為ジャパン公式ホームページより)
OANDA Japan
NDD方式、MT4、OANDA独自のサービスが魅力!
厳選6社の中ではスプレッドは広めになりますが、FX業界では最狭水準のスプレッドです。厳選6社の中で唯一NDD方式且つ、MT4(メタトレーダー4)を取り扱うFX会社です!スキャルピングをNGにしていないFX会社なので、それだけサーバーが強いということですね。約定力の高さも魅力です!
スプレッドは選ぶコースによって異なります。オープンオーダーというOANDA独自のサービスは、相場心理読解に活躍してくれます!
1通貨で取引できるコースがあるのでFX未経験者の方には特におすすめのFX会社です。

 

うさた
FX会社は決まりましたか?デイトレードなら厳選6社でまず間違いありません。
スプレッドは6社ともほぼ同水準なので、取引単位や独自のサービスで魅力を感じたFX会社にするとFX会社選びが上手くいくでしょう。

ぼくの経験から厳選6社を取引単位やトレードスキルで分けると次のようになります。

・FX未経験・FX始めたばかり

・資金額10万円以下でFXをやりたい

OANDA Japan

1取引単位を選べば最も投資額を抑えられる

1取引単位のコースでも1万通貨以上のトレードができるので、トレードに慣れてきたらロット数を上げればスキルに合わせたFXが可能

資金額が100万円以上ある

GMOクリック証券

DMM.com証券

1万通貨以上の取引でレバレッジを抑えたトレードをするには、100万円以上の余剰資金があるとメンタル管理しやすい
資金額100万円以下でFXをやりたい

みんなのFX

外為ジャパン

LIGHT FX

1,000通貨単位の小ロットだと投資額が大きくなりすぎずにリアルマネーを動かせるので、メンタル管理を含めたトレードスキルを磨きやすい環境を作りやすい

うさた
ぜひ参考にしてくださいね!
GMOクリック証券|世界第一位のFX取引高
GMOクリック証券

GMOクリック証券はFX取引高8年続世界第一位※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)
非常に多くのFXトレーダーがFX口座を複数持っています。メインで使われるFX口座もあれば、ほぼ使われないFX口座もあります。
トレーダーが複数のFX口座からトップに選ばないと、メイン口座として使われることはありません。
世界中に無数のFX会社がある中で、GMOクリック証券はFX取引高が世界一です。しかも8年連続で独走FX口座を持つ人も持たない人も、まずは公式ホームページで、ここに書き切れない魅力をご確認ください。

    Twitterでフォローしよう

    あなたにおすすめの記事