【FX口座】くりっく365とは?仕組みは何が違うの?店頭外国為替証拠金取引との違いをシンプルに解説!

こんにちは!うさたです!

「FX口座のくりっく365って聞いたことがあるけど、国内FX口座と何が違うの?」

そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

くりっく365という名前がついていないFX会社は、店頭外国為替証拠金取引と呼ばれているのですが、くりっく365は、国内FX会社の中でも取引所取引のFX会社になります。

くりっく365は、店頭外国為替証拠金取引とは仕組みが異なるので、私たちユーザーに提供されるサービスの強みが、店頭外国為替証拠金取引とは種類が違うのです。

本記事では、くりっく365とはどんなFX会社なのかをカンタンにご紹介します。店頭外国為替証拠金取引との違いもありますので、あなたにあったFX会社選びの参考にしていただければと思います。

くりっく365

くりっく365とは


くりっく365とは、2005年7月に本邦初の公的な取引所FXとして、東京金融取引所(=金融取)が上場した取引所為替証拠金取引の愛称です。

「くりっく365」というFX会社の社名ではないです。

くりっく365を取り扱っているFX会社は、数社ある

国内には「くりっく365」を取り扱っているFX会社が数社あります。

【くりっく365の例】FXブロードネット

例えば、FXブロードネットというFX会社があります。FXブロードネットは、店頭外国為替証拠金取引として提供しているサービス内容があります。

FXブロードネット365というくりっく365(取引所外国為替証拠金取引)のサービス内容は全く異なります。店頭外国為替証拠金取引でFX口座を作っても、くりっく365のサービスを受けることはできないということです。

【くりっく365の例】GMOクリック証券

くりっく365を提供しているFX会社は他にもあります。

GMOクリック証券では、店頭外国為替証拠金取引として「FXネオ」を提供していますが、これとは別にGMOクリック証券はくりっく365を取り扱っているということです。

くりっく365

くりっく365ラージとは


「くりっく365ラージ」というものもあります。

くりっく365ラージは、2015年11月に上場した、スプレッドを重視する投資家及び法人等の大口投資家向けの取引所為替証拠金取引の愛称です。(※「くりっく365ラージ」は「くりっく365」の新規上場商品となります。その為、「くりっく365」口座で取引が可能です。

くりっく365誕生の背景


くりっく365誕生には背景があります。

1998年に日本でFXが解禁になりました。その当時は取引を規制する法律などが行き届いていないこともあり、たくさんのFX会社の中で、一部の悪質なFX会社による証拠金の扱い等のトラブルが発生していました(そういった背景があって、FXには悪徳業者があるというイメージが先行していたのではと個人的に感じています)。

このようなことがあり、個人投資家でも健全なトレードがしたいニーズが高まりを受けて、2005年に東京金融取引所によって上場されました。

くりっく365の仕組み


ここからは、くりっく365の仕組みについて解説していきます。

店頭外国為替証拠金取引の場合、FX会社が提示した売値と買値によって取引を行います。このことを相対取引と言います(相対取引については、こちらの記事をご覧ください:FX用語>あ行>相対取引)。

くりっく365は、店頭外国為替証拠金取引ではなく取引所外国為替証拠金取引なので、価格提供の仕組みが異なります。

くりっく365の特徴

くりっく365では、外国為替市場における複数の主要金融機関(マーケットメイカー)から価格の提供を受け、この中から、その時点において最も有利となる価格をシステムで自動的に合成し、そのままの価格を取扱会社を通じて投資家に提示しています。

この価格提示の仕組みは個人トレーダーの健全なトレードがしたいニーズを満たす要因のひとつです。

また、「くりっく365」に証拠金を預けると、東京金融取引所に預託することが義務付けられていることも安心材料のひとつと言えます。

くりっく365と店頭外国為替証拠金取引のサービスの違い

くりっく365が、店頭外国為替証拠金取引のサービス内容すべてを上回っているかというと、そうとも言えないです。

比較していただければお分かりになられると思いますが、「預託金の預け先」と「スプレッド幅」にフォーカスして、簡単にご説明いたします。

【くりっく365と店頭外国為替証拠金取引のサービスの違い】預託金

先ほどご説明させていただいたように、FX会社の中にはくりっく365を扱っているFX会社があります。

これを仮にA社とします。A社は、くりっく365(取引所外国為替証拠金取引)と店頭外国為替証拠金取引があります。

預託先の違い

A社のくりっく365に預けられた証拠金:東京金融取引所に預託されます。
A社の店頭外国為替証拠金取引の口座に預けられた証拠金:東京金融取引所に預けられるわけではありませんが、大手銀行3社と提携して完全信託保全を公言しています。

どちらも万が一A社が破綻した場合でも、証拠金は全額保証するという内容に変わりはありません。証拠金を預ける先が違うだけなので、個人投資家としては、万が一の時にお金が全額帰ってくればどちらでも構わないはずです。

【くりっく365と店頭外国為替証拠金取引のサービスの違い】スプレッド幅

また、スプレッド幅にも違いがあります。

仮に、A社は米ドル/円のスプレッド幅が0.3銭(原則固定、例外あり)だったとします。この水準は業界最狭水準です。

個人的な印象ですが、くりっく365のスプレッド幅はこの水準よりも広いと思っています。くりっく365マーケット情報でご確認いただけますので、気になっているFX会社のスプレッド幅とご自身で比較してみてください。

まとめ

一昔前は悪質なFX会社がトラブルを起こしているのをニュースでよく報じられていましたが、現在は法整備も進んだこともあり、そのようなニュースもめっきり聞かなくなりました。

くりっく365のように、透明性が高いことに安心感が高まると思います。もちろんくりっく365の特徴はそれだけではありません。書き切れないので割愛させていただきますが、要はあなたが何に重きを置くかではないでしょうか。

くりっく365や店頭外国為替証拠金取引のどちらを選ぶにせよ、FX会社のサービスを他と比較すると、長所もあれば短所もありますよね。

迷った時はこちらの関連記事をご覧ください。

くりっく365

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事