【FX|注文方式】ECN方式とSTP方式の違いとは?

FXの注文方式で、ECN方式とSTP方式という注文方式があるのをご存知ですか?

噛み砕いて説明すると「どんな方法でオーダーが処理されているのか」という内容です。

例えば、あなたが米ドル/円のレートが100.000円になった瞬間に買い注文ボタンを押したとします。
その時、少し差異が発生して約定した経験はありませんか?(例:100.001円で約定したなど)

くまた
どうやって処理されてるんだろう??って感じたことあるよ

これに関わっているのが注文方式です。

うさた
レートの透明性に関わった内容なので、約定値に納得感がほしい方は特に必見です!

コスト面にも違いがあるので、取引コストが気になる方もぜひご覧ください。

まず初めにECN方式から見ていきましょう。

ECN方式とは?


ECN方式とは、Electronic Communications Networkの略で、日本語では電子証券取引ネットワークと呼ばれています。

ECN方式は、NDD(ノンディーリングデスク)方式に分類される注文方式のひとつです。

うさた
ECN方式の注文処理方法は、オークション形式のマッチングによって処理されています!

注文方式と言っても、ぼくたち個人トレーダーが出す注文のことではなく、FX会社が採用している注文スタイルのことを表しています。

ECN方式の位置づけは?

FX会社取引スタイル
FX会社は、DD(ディーリングデスク)方式とNDD方式のどちらかを取引スタイルとして採用しています。NDD方式を細かく分けるとECN方式とSTP方式に分けることができます。

よってECN方式は、NDD方式の一種に当たります。

こちらもチェック!

NDD方式とは

NDD方式はディーラーを介さずに投資家のオーダーを電子的に執行するシステムなので、DD方式に比べて透明性が高いと言われています。非常に優れた約定力が定評です。

ECN方式のメリットは?


先ほどもお伝えしましたが、ECN方式の注文処理方法は、オークション形式のマッチングによって処理されます。

トレーダーの注文がインターネット上の「板情報」として表示され、注文がマッチングした参加者同士が合意することで売買が成立するという仕組みになっています。

うさた
つまり、ディーラーが入り込む余地が一切ないクリーンな注文方法なので、トレーダーから注目を集めています!

ECN方式のデメリットは?


デメリットは、マッチングしないといつまでたっても注文が成立しないという点です。全く約定しないという意味ではありません。

大量のオーダーがあることでメリットを発揮する注文方式ですね。

また、STP方式に比べてスプレッドが狭いという特徴がありますが、スプレッドが狭い分、手数料がかかるところがもデメリットです。

うさた
STP方式のスプレッド幅とECN方式の手数料を比較した場合、手数料の方がコストとして高くつくことが多いので口座開設前に確認しておくと良いでしょう。

続いてSTP方式をご紹介します。

STP方式とは?


STP方式イラスト
「STP」とは、Straight Through Processing(ストレート・スルー・プロセッシング)の頭文字です。

STP方式もECN方式と同じく、NDD方式に分類される注文方式のひとつです。

うさた
STP方式は、取引におけるプロセスを機械で自動に行わせるのが特徴です!

ECN方式とSTP方式の違いは?


ECN方式は、トレーダーの注文をオークション形式でマッチングさせる取引なのに対して、STP方式は取引におけるプロセスを機械で自動に行わせます。

レートの透明性は?

どちらもDD方式と比べればレートの透明性が高い取引方法と言えますが、どちらかと言えばECN方式が若干透明性は高いと言われています。

その分STP方式に比べてスプレッドや手数料などのコストがかかります。

取引コストは?

ECN方式とSTP方式の両者を比較

ECN方式=スプレッド狭い、取引コスト高い
STP方式=スプレッド広い、取引コスト安い

XMTradingでは、STP方式とECN方式のどちらのコースも用意されています。

うさた
個人的には、STP方式でもレートの透明性は十分なので、コストの負担が少ないSTP方式がおすすめです!

XMはNDD方式を採用!

XMホームページ
海外FX会社のXMTradingはNDD方式を採用しています。

ポイント!

国内FX会社はDD方式のFX会社がほとんどです。近年続々と日本人トレーダーが海外FX口座を開設していて、ECN方式やSTP方式のレートの透明性を求めている人もいます。
XMは、マイクロ口座、スタンダード口座、XMゼロ口座の3タイプ

STP方式=マイクロ口座、スタンダード口座
ECN方式=XMゼロ口座

さらにXMは、マイナス残高リセットシステムもあって、MetaTraderも使えるので、とても使いやすいFX会社なのでおすすめです。

まとめ


ECN方式とSTP方式は、どちらもNDD方式なのでレートの透明性は高いです。仕組みが違うだけで、どちらともトレードにはほとんど支障をきたさないでしょう。

レートの透明性はほぼ大差がないので、比較して悩むのであれば、コスト面に値するスプレッドと取引コストを考慮した方が資産管理で有益に感じる場面が多いでしょう。

海外FXに興味がある方は、海外FXの中でも日本人トレーダーが多いXMを見に行くと参考になると思います。
XMのホームページはこちら>>>XM公式ホームページ

国内FX口座をお持ちなら、海外FX口座をひとつは作っておいて資産とリスクを分散しながら投資するのもおすすめです。

次の記事>>>XM(XMTrading)口座開設手順

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事