【FX未経験者向き】アマウントとは?シミュレーションを通じて取引単位の理解を深めよう!

こんにちは!うさたです!

FX口座を開設するときにFX会社の説明の中で、アマウントというキーワードを目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アマウントは、取引単位のことなので、この言葉を知らなくてもトレードすることは可能です。

FX未経験者の方は、まだFX口座を開設していないと思いますので、アマウントに関するシミュレーションを通じて、FX会社選びの参考にしてもらえたらと思っています。

本記事では、アマウントに関する解説とシミュレーションの記事です。

それでは、早速アマウントについてご紹介いたします。

アマウントとは


アマウントとは、外国為替取引などを行う時の「取引量」や「取引単位(または金額)」のことをアマウントと言います。

アマウントは、2つに分けられる

外国為替取引は大きく2つに分けることができます。ひとつは銀行間で行われる外国為替取引、もうひとつは個人投資家がFX会社に口座を作って行う外国為替取引です。

後者の個人投資家がFX会社に口座を作って行う外国為替取引は、正しくは店頭外国為替証拠金取引と言います。

外国為替取引は上記2つに大別できるため、それぞれの取引単位は異なります。

ぼくたち個人投資家ができる店頭外国為替証拠金取引だと、最低取引単位が1,000通貨や1万通貨というように、FX会社によって最低取引単位が異なります。

アマウントに関するシミュレーション

FX口座をまだお持ちでない方のために、取引単位をイメージしやすくするシミュレーションしてみましょう。

シミュレーションは2つです。
取引単位が1,000通貨のトレード
1万通貨のトレード

うさた
1トレードの許容損失額が資産の1%以内ということを想像しながらシミュレーションをしてみるとよりわかりやすいでしょう。

シミュレーション共通の設定

通貨ペアは米ドル/円で20pipsの利益が出せたトレードだという設定です
このトレードではスワップポイントは発生していないものとします

アマウントに関するシミュレーション①【1,000通貨】


米ドル/円で1,000通貨で1ロットのポジションを持ったとします。

このポジションが20pips(20銭分)の為替差益で利益確定した場合、200円獲得できます。

エントリーのレートより10pips離れたところに損切りを設定していました。1,000通貨で1ロットのポジションが10pips離れた損切りになった場合は、100円の為替差損になります。

アマウントに関するシミュレーション②【1万通貨】


米ドル/円で1万通貨で1ロットのポジションを持ったとします。

このポジションが20pips(20銭分)の為替差益で利益確定した場合、2,000円獲得できます。

エントリーのレートより10pips離れたところに損切りを設定していました。1万通貨で1ロットのポジションが10pips離れた損切りになった場合は、1,000円の為替差損になります。

さいごに

FX未経験の方にとって『1万通貨でも10pipsで損切りにしたら損失は1,000円ぐらいなんだ』とか『投資は初めてだから上達するまでは1,000通貨で始める方が良さそう』など、いろんな発見につながっていると嬉しいです。

最低取引単位が、1,000通貨や1万通貨以外でも、FX会社によっては、最低取引単位が100通貨や1通貨のFX会社も出てきました。ひと昔前では考えられなかったようなサービスですね。

これからFX会社を選ぶなら、シミュレーションのように、あなたの資産に応じてFX会社のサービスを選ぶのも、上手に投資をする選択の方法のひとつだと思います。

今は、たくさんの選択肢からFX会社を選べる時代です。たくさん選択肢がありすぎて迷うこともあるでしょう。どのFX会社にすればよいか分からないときは、こちらの記事をご覧ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事