FXチャートは3種類!バーチャート・ラインチャート・ローソク足チャートについて

こんにちは!うさたです!

 

今日は、FXの分析には欠かせない「チャート」をご紹介いたします。

この記事では、チャートの種類をご紹介いたします!

これからFXを始める方やFX初心者の方は、まずチャートにはどのようなものがあるかを知っておけば、どのチャートで分析するか決めやすいです!

それでは、チャートの種類それでをご紹介していきます!

チャートの種類

チャートの種類は、大きく分けて3種類のチャートがあります。

チャートの種類
  1. バーチャート
  2. ラインチャート
  3. ローソク足チャート

MT4やMT5をご利用の方はご存知の方が多いのではないでしょうか?
逆に、MetaTraderを使用していない方は、ローソク足チャート以外はご覧になられたことはないかもしれませんね。

ひとつずつご紹介していきますね!

バーチャート

バーチャートとは、値動きを棒線(バー)で表示したチャートです。
比較的シンプルなチャートです。

バーチャートをご覧ください。

このようにシンプルなチャートになります。
「はじめて見た!」という方もいらっしゃると思いますが、欧米では比較的よく使われているチャートなんですよ。
ローソク足チャートと同様に、相場のトレンドなどを分析するために使われています。

ラインチャート

ラインチャートとは、「終値」だけを表示して線でつないだチャートになります。
株式投資の経験がある方は、ラインチャートをご存知の方もいらっしゃるのではないかと思います。

ラインチャートはこちらです。

個人的にはインジケータの「移動平均線」に近いチャートだと感じています。
「始値」や「高値」、「安値」が表示されていないため、ローソク足にある「ヒゲ」や「陽線」、「陰線」がありません。
そのため、1本のローソク足の値動きに翻弄されがちなトレーダーの方は、ラインチャートを参考にすると値動きに惑わされにくくなるかもしれませんね。

ローソク足チャート

ローソク足チャートは、最もメジャーなチャートではないかと思います。
ローソク足チャートとは、4本値のローソク足を表示したチャートです。

こちらがローソク足チャートです。

ローソク足とは?の記事でご紹介しましたが、ローソク足は日本発祥です。
視覚的に、相場のトレンドの方向や強弱、またローソク足のプライスアクションによる相場心理の読解が判断しやすいチャートなので、今では世界中のトレーダーがローソク足チャートを愛用しています。

くまた
チャートって、こんなに種類があったんだね。

うさた
自分にあったチャートをメインに使っていくと成果に結びつきやすいよ!

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、ご覧いただいた3種類のチャートは、すべてドル円1時間足でほぼ同時刻のチャートです。こんなに見え方が違うんですよ!

それぞれのチャートに特性やメリット、デメリットがあります。

ぼくはローソク足チャートが最も慣れ親しんだチャートなので、このサイトではローソク足チャートを使用しています。
先ほどご紹介したメリットに加えて「陽線」や「陰線」がぼくにとって一番分かりやすいですし、ローソク足の特徴も判断しやすいです。

あなたにはどのチャートが自分に合っていそうなチャートですか?

ちょこっとポイント!MetaTraderについて

うさたのちょこっとポイント!

この記事の序盤でMT4MT5といったMetaTraderというキーワードが出てきましたよね。
MetaTraderというのは、メタクオーツ社が開発したチャートで、世界的に大人気のチャートです。
人気の秘密はチャートの機能性の高さにあります。その機能性の高さから日本のFX会社でも取り入れているFX会社があります。
MetaTraderの一番のメリットはインジケータのカスタマイズが豊富なところにあるとぼくは感じています。
ぼくはインジケータは最小限にしていますが、MT5はチャートが見やすいので好んで使用しています。

↓MT4を採用している国内FX会社はこちら↓

MT4チャートのFX会社

チャートの種類のまとめです!

FXのチャートは3種類!チャートの種類を知ろう!まとめ!
  • バーチャートとは、値動きを棒線(バー)で表示したチャートです!
  • ラインチャートとは、「終値」だけを表示して線でつないだチャートになります!
  • ローソク足チャートとは、4本値のローソク足を表示したチャートです!
  • 自分に合ったチャートをメインに使用していくことをおすすめします!

まとめ

この記事では、3種類のチャートをご紹介いたしました。

はじめて見たチャートが合った方にとっては、判断材料が増えたのではないかと思います。
ローソク足チャートを見ていると「今のトレンドってどっちの方向に向いているのだろう?」と思うことはないですか?
そんなときに、チャートの種類を変えてみて違った視点から見てみると、トレンドが判断できたりすることがあるので、いろんな種類のチャートが見れると便利ですよ!
今回ご紹介したチャート以外ですと「平均足チャート」など他の種類もまだあります。いろいろチャートを調べてみるのもいいかもしれませんね。

チャートの種類を含めて、使いやすいチャートだと相場分析がサクサクはかどります!
まずは、あなたに合ったチャートを見つけましょう。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事