ロット(Lot)とは?FXでよく聞くロットの意味や注意点を知って資産管理につなげよう!

こんにちは!うさたです!

 

この記事では、ロットについてご紹介いたします!

 

FX口座選びトレードでの注文に関わる言葉です!

FXで使われる「ロット」という言葉を始めて聞く方も、「ロット」の意味は知ってるけどちょっと確認してみたい方も、この記事を読んで「ロット」について、『なるほど!』につながると嬉しいです!

ロット(Lot)とは

FXで使用しているロット(Lot)とは、FXで売買を行う際の取引の単位のことです!

FXは通貨の売買を行いますが、その取引は、ある程度まとまった単位で通貨を売買しているようなイメージです。

ロットを表示するために、よく例えられているのが「卵」です。
スーパーなどに行くと、卵は1個ずつの「バラ売り」ではなく、「6個で1パック」とか「10個で1パック」で販売されていることが多いですよね。
FXも同じようなイメージです。
大方「1万通貨」を「1ロット」という単位でまとめていると捉えていただいてると、他のトレーダーと認識の誤差は生じにくいはずです。

南アフリカランド/円のような通貨価格が小さい通貨ペアでは、1ロットが「10万通貨」だったりします。また、海外FX会社は1ロットが「10万通貨」だったりしますので、あくまで「一般的」と認識していただければと思います!

ぼくたちトレーダーは、このロットという単位を使って通貨を売買しています。

ちなみに、ロットのことを「枚」と呼んでいる方もいらっしゃいます。「1ロット」のことを「1枚」と呼んでおられますが、意味は同じなのでお好きな方を使ってください!

くまた
ロットって、FXの取引で使う単位のことだったんだね。

うさた
そうなんだ!
まずは、FXにはロットっていう単位があることを知っておいてください!

ここで一旦今までのおさらいをしておきましょう!

  1. ロットとは、FXで売買を行う際の取引の単位のことです!
  2. 「1ロット」は「1万通貨」であることが多いです!

この2点のポイントが理解できていれば、ロットに関して大枠は理解できています!

ロットにおける注意点

ロットに関する注意点は、FX会社によって取引単位が異なるということです。1ロットが1万通貨のFX会社もあれば、1,000通貨のFX会社もあり、FX会社の中には「10万通貨」「1万通貨」「1,000通貨」など、たくさんコースを用意しているところもあります。

FX口座を開く前に、口座を作りたいFX会社の取引単位やコースの取引単位を事前に確認するようにしましょう。

「チャート機能が使いやすそう」という側面だけを見て、取引単位を見ずにFX会社を選んでしまうと、潤沢な資金がないかぎり資産管理はむつかしくなります。

あなたの資産に応じた取引単位(ロット数)のFX会社にしましょう。

ポイント

『自分の資金には、どれくらいの取引単位があってるんだろう』と思った方は、無料のデモトレードで資金の増減をイメージすることができるので、リアルマネーを使う前にデモトレードでイメージをつかんでおきましょう。

FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー

FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー

GREEN MONSTER .INC無料posted withアプリーチ

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます!

ひと昔前は、1ロットが10万通貨が主流だったと聞いたことがあります。

今では1ロットが1万通貨のFX会社が多いですが、1,000通貨で取引できるFX会社も増えてきました。

少しずつ知識をつけて、収益アップを目指していきましょう!

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事