レンジ相場とは?レンジ相場の特徴やボラティリティについてご紹介してます!

こんにちは!うさたです!

今日は、FX実践基礎のひとつであるレンジ相場についてご紹介したいと思います。

相場の特徴を知っておくと、その後の展開を見通す材料が増えます。
レンジ相場は基礎的な内容ですが、トレードをしてい行く上でレンジ相場を見る機会が多いと思いますので、ぜひこの記事でレンジ相場について理解を深めていただければと思います!

この記事では、レンジ相場とはどのような相場なのかレンジ相場の特徴をご紹介しています。
また、相場のボラティリティについても触れてレンジ相場を解説していますので、レンジ相場をより深くご理解いただければと思っております。

また、以前にトレンド相場についてご紹介していますので、こちらも併せてご確認いただけると理解が進むと思います。ぜひ一度ご覧ください。

レンジ相場とは

レンジ相場とは、一定のレート幅の間で上がったり下がったりを繰り返す相場のことをレンジ相場と言います。

まずは、チャートでレンジ相場を確認してみましょう。
下のチャートをご覧ください。こちらのチャートはポンド/円の15分足です。
チャートから2つのレンジが確認できます。

2つのレンジはどちらも水平線のところで反発していますよね。
このように水平線と水平線の間でレートが上下を繰り返している相場をレンジ相場と言います。
水平線に挟まれていて四角い箱のように見えることから、別名「ボックス相場」とも呼ばれています。

レンジ相場の特徴

レンジ相場の特徴は、レンジをブレイクするまでずっと一定のレート幅で上下を繰り返すところにあります。具体的に言うと、トレンド相場のように一方向へ進んでいくわけでもなく、かといってレートが全く動かないというわけでもないというところが特徴になります。

くまた
たしかにレートが動いてはいるけど同じところをウロウロしている感じだね。

うさた
そこがレンジ相場のポイントのひとつなんだ!
レートが全く動かなかったら手も足も出せないけど、そういうわけじゃないからね。トレンド相場の方が利益は取りやすいけど、レンジ相場でも為替差益を狙えるよ!

レンジをブレイクするまでは行ったり来たりしているので、ブレイクするまで反発するたびに為替差益を狙える相場に遭遇するかもしれませんね。

しかし、そんなに簡単ではありません。難しい理由はいくつかありますが、理由の一つにボラティリティが関わっています。

では、レンジ相場ではどれぐらいのボラティリティがあるのか確認してみましょう。

レンジ相場のボラティリティ

レンジ相場は為替差益が狙いにくいイメージですが、実際はどうなんでしょうか?
先ほどのチャートと同じポンド/円のチャートでボラティリティを確認してみましょう。
下のチャートをご覧ください。

チャート右側がレンジ相場になっていますね。
このボラティリティは、はたしてどれくらいなのか確認してみましょう。

先ほどと同じチャートですが、チャート右側にレートを表示しています。
下のチャートをご覧ください。

レンジと言えど、何とそのレート幅は10円以上あります!
10円をpipsで表現すると1,000pips以上のレート幅です!

くまた
すごい!レンジ相場と言えど、あなどれないね!

うさた

だよね!1,000pipsも獲れたら大満足だよ!

では、もう1つチャートを見てください!


レンジ相場のボラティリティは、10円以上レート幅がありましたが、レンジの前のトレンド相場は70円以上のボラティリティがありました!

くまた
なんと!

うさた
やっぱりトレンド相場のボラティリティはすごいね!

すべての通貨ペアでこんなにボラティリティがあるわけではありません。
わかりやすくお伝えするためにボラティリティが高いポンド/円を選んできたので、他の通貨ペアはむしろボラティリティがもっと低いでしょう。

ここでお伝えしたかった意味は2つあります。

  1. レンジ相場を狙うよりトレンド相場を狙った方がボラティリティが高く見込めるトレードができる
  2. レンジ相場でもある程度のボラティリティが見込めるなら、戦略として狙っていくのはあり

ポンド/円は値動きが荒い傾向にあるので、FX初心者の方にはポンド/円を通貨ペアとしておすすめしていません。
おすすめ通貨ペアに関してはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます!
レンジ相場について理解が深まっていたら嬉しいです!

レンジ相場やトレンド相場の特徴を知っておくことで、エントリーや利確のタイミングを使い分けることができます。
そのテクニックについては、別の記事でご紹介していきますね!

レンジ相場は、ある程度利益が見込める値幅であれば狙うのはありだと思っています。
しかし、スキャルピングのようになってしまうのであれば、FX初心者の方は特に小さいレンジでの微益を狙うのはやめておきましょう。相場が急変してコツコツドカンになりかねないからです。

ぼくは、FX初心者の方には余裕を持ったトレンドフォローするのをおすすめしており、逆張りはあまりおすすめしていません。その理由についてはこちらの記事をご覧ください。

エントリーチャンスを待っていると、トレードしたくてじれったいと感じるかもしれませんが、トータルでプラス収益になるまではトレンドに乗ることに集中して、トレードの武器を身につけることに専念すると成長が早いと思いますよ!

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事