【FX|悩み】ポジポジ病克服に向けたチェックポイントと対処法とは?

ポジポジ病って、不思議な現象ですよね。

「トレードで負けるのは嫌だけど、ポジションを持ってないとなんだか不安・・・」

もっと利益を伸ばしたいのに伸ばせない方のために、ポジポジ病を克服することを目的としたチェックポイントをまとめました。

その後、ポジポジ病克服に向けた対処法もご紹介しています。

どちらも参考にしながらトレードを練習してもらうことで、ポジポジ病克服に向けて前進していってもらえたらと思っています。

まず初めに、ポジポジ病克服に向けたチェックポイントを見ていきましょう。

ポジポジ病克服に向けたチェックポイント

ポジポジ病克服のチェックポイント

  • どんな分析からエントリー根拠を導き出したのか
  • 利確目標はどこか、なぜそのポイントにしたのか
  • 利確になると、どれぐらいの利益が見込めるのか
  • 損切りになると、どれぐらいの損失になりそうなのか
  • ポジションを保有している間どんな気持ちなのか
  • どこで決済したのか
  • 決済した理由
  • 決済後に気づいたことはないか

ポジポジ病克服に向けたチェックポイントは3つの構成

ポジポジ病克服に向けたチェックポイントは3つの構成になっています。

  1. エントリー前
  2. ポジション保有中
  3. 決済後

うさた
あなたがトレードでどんなことを考えているのかを整理することで、ポジポジ病を克服していきます。

なぜポジポジ病になるのか?

『ポジションを持たないと損をする』という感覚になっているかもしれません。

FXは、お金を稼ぎたいという気持ちでやっていると思います。損得で表現するなら「得をしたい」という気持ちということになりますね。

『自分は、ポジポジ病かも・・・』と思う方は、一度自分自身に問いかけてみてください。

「ポジションを持たないこと」と「チャンスを失うこと」がイコールに近い状態になっていませんか?

くまた
心当たりあるかも。

このような考えの時は、ノートレードは戦略価値が低い状態にあると言えます。

勝てる見込みの高いところで投資して、勝率が低いところでトレードを見送る判断ができてこそ、トータルで利益率が高いトレードにつながります。

ポジポジ病の時の心理

ポジションを持つ前
○○(レート)まで下がる(もしくは上がる)はず!

ポジションを持った後
すごく不安、利益が伸びる自信ないなぁ・・・

ポジポジ病に陥ってる場合、エントリーした途端、投資したことに対して自信がなくなってしまいがちです。

次の3つのポイントのどれかに不安を抱いているのではないでしょうか?

ポジポジ病克服に向けたポイント

  1. 市場心理の勝敗を見極める
  2. トレードに対して自信をつける
  3. 値動きに慣れる

ポジポジ病から脱するために、まずは3つのポイントを押さえてトレードが出来ることを目指しましょう。

【ポジポジ病克服に向けたポイント①】
市場心理の勝敗を見極める

ポジポジ病克服に向けたポイントのひとつは、市場心理の勝敗を見極めることです。

「売り」と「買い」どちらの勢力が強いか見極める
 ↓
勢力が強い方についていく

そうすれば、相場の波に乗れますよね。

これは、トレンドフォローというトレードで勝率を上げる有名なテクニックのひとつです。

FXトレーダー
トレンドフォローしたいけど、ポジポジ病になりがち・・・

このような方は、トレンドが発生する前にエントリーしていることが多いのではないでしょうか?

市場では「売り」と「買い」どちらの勢力が強いか決まってない段階でエントリーすると、レンジ相場から抜けなかったり、天井や底値をつかまされることもしばしば。

うさた
「売り」と「買い」の方向が決まったことを見極めてからエントリーすると、利確目標までスルスルっと伸びていきやすくなりますよ。

トレンドフォローについては、こちらの記事でもご紹介しています。ぜひご覧ください。

【ポジポジ病克服に向けたポイント②】
トレードに対して自信をつける

ポジポジ病克服に向けたポイントの2つ目は、トレードに対して自信をつけることです。

エントリーしてから自信がなくなると、

FXトレーダー
・・・やっぱり止めておこう

と思ってしまい、すぐに決済してしまいがちです。

それが習慣になってしまっていると、なかなか利益を伸ばしにくいですよね。

トレードに自信をつけることで、利益になる場面でしっかりチャンスをゲットすることにつながります。

【ポジポジ病克服に向けたポイント③】
値動きに慣れる

脱ポジポジ病に向けたポイントの3つ目は、値動きに慣れることです。

為替相場は、レートが上がったり下がったりしながら進んで行きます。

レートの上下動なしで利確目標まで進んでいくことは、まずないです。

値動きに慣れていないと、トレンドの勢いが失速しただけで、決済したくなります。

FXトレーダー
せっかく利益が出てるし、ほっといて利益が下がるのも嫌だから、ここで決済してしまおう・・・!

こういった決断が正しい場面も、もちろんあります。

トータルの収益に伸び悩んでいる方は、もっと利益が伸ばせるトレードがなかったかを振り返ってみましょう。

思い当たる場合は、細かい値動きに翻弄されているかもしれませんね。

ポジポジ病克服に向けた対処法

ポジポジ病を脱するための対処法は、練習することです。

ポジポジ病は、克服するのに時間がかかるので、デモトレードでしっかり練習をしましょう。

うさた
ポジポジ病克服に向けた3つのポイントを意識しながら、練習するといいですよ。

【ポジポジ病克服に向けた対処法のヒント①】
環境を整える

デモトレードで練習するとき、チャートと評価損益額が同時に見れる環境がおすすめです。

エントリー後、レートの上下動を見ながら評価損益額が増えたり減ったりするのが見れるからです。

ずっと監視する必要はありません。評価損になっていたり、レートが動くことで利益が縮小していることを認識した上で、グッとポジションをホールドする練習ができればいいので。

チャートと評価損益額が同時に見れる環境は、これをよりサポートするためのものです。

【ポジポジ病克服に向けた対処法のヒント②】
トレードを検証する

デモトレードでの練習と言えど、トレードはしっかり検証すると、ポジポジ病の克服に役立ちます。

特に、利確目標までグッとポジションをホールドした時は、結果だけでなくプロセスも振り返りましょう。

『一旦、評価益が縮小したけど、再び利益方向へレートが進んだ』
といった経験は、ポジポジ病克服にかなりポジティブな体験です。

決済したくなるけど、我慢するともっと利益が伸びたという体験の積み重ねが、ポジポジ病を克服することに有効になります。

もちろん、ホールドすることで損切りになることもあるでしょう。

その場合は、ポジションをホールドしたことと損切りになってしまったことを結びつけずに、仕方ないと割り切るようにしましょう。

損切りになった時に検証することは、「なぜ利確目標に届かなかったのか」を掘り下げると、今後のトレードに有益な情報が見つかりやすいです。

まとめ

ポジポジ病を克服するには、大きな利益を獲得するトレードスキルを身につけましょう。

大きな利益を獲得するチャンスは、そんなにたくさんやってくるわけではありません。それだけエントリーを厳選することが必要になってきます。

トレンドの波が発生したことを確認してからエントリーする。
トレンドの波が終わったことを確認したら決済する。

これに自信が持てるまで、デモトレードで練習しましょう。

FXは投資です。投資に値すると判断できるからエントリーしてポジションを持ちますよね。

エントリーの精度を上げることは、投資に値するか判断するスキルを磨くこと。

次の記事では、投資に値するかについて、エントリー前にどんなところをチェックすればいいのかについて解説していきます。

うさた
しっかり練習して、トレードスキルをメキメキ向上させていきましょう。

次の記事>>>【FX|悩み】エントリー前チェック10項目で「損切り貧乏」を克服しよう!

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事