戻り売りとは?相場格言を交えた解説もしています!

こんにちは!うさたです!

 

FXで使われている言葉で押し目買いはご存知でも「戻り売り」は聞いたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では戻り売りをご紹介します。せっかくサイトを訪問していただいたので「戻り売りとは?」だけでなく「戻り売り」に関する格言もご紹介したいと思います。

FXで稼げるくらいトレードスキルを上げたい方は、必要最低限の知識が必要となります。
言葉を知っているだけで勝率が上がるわけではありませんが、FX会社から提供されるマーケット情報の理解度が全然違います。
知識はたくさんあるので最初は大変ですが、覚えてしまうと情報収集の際に時間がかからないので、インプットしたことをスムーズにアウトプットすることができます。
そうしてトライ&エラーを繰り返している人はトレードスキルがメキメキ上達しますよ!

戻り売りとは

戻り売りとは、下降トレンドの中で一時的にレートが上昇したところを売りでエントリーすることを戻り売りと言います。「戻り待ちの売り」とも呼ばれ、基本的なトレンドフォローのトレード手法のひとつです。

『高いところで売っておいて安くなったら買い戻す』手法です。

下降トレンドの中で一時的にレートが上昇したポイントを「戻り(目)」と呼ばれています。

はじめに戻り目を確認してみましょう。

DMM FXのチャートで、ユーロ/米ドルの日足チャートです。
チャートの中に2回下降トレンドが確認できます。
それぞれの下降トレンドの中で、戻り目がありますね。下降トレンドが一時的に上昇していますが、またすぐに下降していってます。

くまた
一度レンジになってもまた下降トレンドになるときがあるんだね。

うさた
下降→レンジときたら次は上昇になると思いがちだけど、くまたくんの言う通り下降していってるね!
ホントに為替相場は何が起こるか分からないよね。

戻り売りのメリットとデメリット


戻り売りのメリットやデメリットなどは「押し目買い」のメリット・デメリットと意味合いは同じです。
戻り売りのメリットは、戻り目があることで下降トレンドに乗りやすいと言えます。
リスクリワードが確認しやすいことや、FX初心者の方でも比較的損切り幅を狭くしやすいと思います。
逆に戻り売りのデメリットは、戻り目と思ったポイントが下降トレンドの転換点という可能性があるため注意が必要です。戻り目で再び下降したことを確認してからエントリーするとトレンドが転換することが減り、下降トレンドに乗りやすいでしょう。

戻り売りに関する格言

相場には『戻り頭はすかさず売れ』という格言が残っています。個人的なFXの経験上でこの言葉を思い出す場面がよくあります。

ぼくの個人的な相場の経験では、上昇トレンドと下降トレンドは展開していくスピードが下降トレンドの方が早い感じがするんです。
上昇トレンドは緩やかに感じて、下降トレンドはよりスピーディーに感じるときに、相場格言の『戻り頭はすかさず売れ』という言葉を思い出します。

例えばこちらのチャートをご覧ください。

こちらのチャートもDMM FXのチャートで、ユーロ/米ドル1時間足です。
赤い矢印が上昇トレンドで青い矢印が下降トレンドです。

上昇トレンドに比べて下降トレンドの方が急な角度になっていませんか?(そう思うのはぼくだけでしょうか?笑)

ぼく個人としては下降トレンドの方が早く感じるときが多いんですよ。でも、あんまりこの話って他で見る機会が少ないものですし、「どちらかと言えば早い」レベルの話なので、FX初心者の方がこの話を見たら『戻り頭だからすかさず売らねば!!』と、相場の環境認識をせずに売りに走ってしまうのはよくないなとも思うので、ホントに『そんな感覚の人もいるんだな』というぐらいにとどめておきつつ、上手に活用できる方が活用していただきたいと思っています。

ちなみに、ぼくは上昇トレンドより下降トレンドの方が好きなんです。
スピーディーなトレードの方が性に合ってて、下降トレンドの方がスピーディーに感じることが多いからです。
このため、どちらかと言えばエントリーに集中するのは下降トレンドの時です。レートの動きをよく見ておかないとエントリーチャンスを逃しやすいからです。
ぼくはリスキーなトレードはやらないのです。外国為替のディーラーではないので、取引することが仕事ではないため自由にFXをやっています。
エントリーチャンスを逃してしまったら、次のチャンスが来るまで待つようにしています。だから、より値動きのスピードが速く感じる下降トレンドのエントリーは、上昇トレンドより集中していることが多いです。

相場格言『戻り頭はすかさず売れ』と、ぼくのFXの経験のお話でした。
あなたの相場観を軸としながら上手に取り入れてくださいね。盲目的に戻り目だからって根拠がないのにエントリーしちゃダメですからね!

戻り売りとは?まとめ!
  • 戻り売りとは、下降トレンドの中で一時的にレートが上昇したところを売りでエントリーすること!
  • 戻り売りのメリットは、戻り目があることで下降トレンドに乗りやすい!リスクリワードが確認しやすい!また、FX初心者の方でも比較的損切り幅を狭くしやすいと思います!
  • 戻り売りのデメリットは、戻り目と思ったポイントが下降トレンドの転換点という可能性があるため注意が必要です!
  • 相場格言『戻り頭はすかさず売れ』と、ぼくのFXの経験は、あなたの相場観を軸としながら上手に取り入れてくださいませ!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます!

押し目買いや戻り売りどちらもですが「押し目だから」「戻り目だから」だけではエントリーの根拠として弱いんです。それで上手くいく時ももちろんあります。
FX初心者の間は、とにかく自分のトレードを見直す習慣を身につけることをおすすめします。

「戻り目だから」エントリーしていた時期があったとしたら、「戻り目だけど」エントリーしなかったと言える頃には相場心理で感じれることがたくさん増えているということです。

FXはギャンブルではなく投資です。
エントリーポイントも選べますし、どのFX会社を使うのかも選べます。すべてはあなたの収益アップを目指すことにつながっていますよ!

でも本気でFXで稼ぎたいっていう人以外はやらない方がいいかもしれません。
「がんばってコツコツとでもいいから収益アップを目指したい!」という本気の方だけFX口座を作って日々成長していきましょう。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事