ダイバージェンスで利食いサインを見極めよう!逆張りよりは相場分析にはおすすめ!

こんにちは!うさたです!

「ここで利食いしといた方がいいのかな?それとも待っておいた方がいいのかな?」

利確目標に到達する前に、思うようにトレンドが伸びない時ってありませんか?

利食いした後さらに伸びたら後悔しそうだし、かと言って、待っておくと評価益が少なくなるかもしれない。悩みどころですよね。

そんな時にお役に立てるかもしれないのが「ダイバージェンス」です!ぼくは、井上義教さんのFXチャートリーディングマスターブックでダイバージェンスを学びました。

ダイバージェンスは、テクニカル指標を使って、相場の勢いを分析する方法。ぼくも迷った時は、今でもダイバージェンスを確認するようにしています。

本記事では、「ダイバージェンスとは」「ダイバージェンスの見方」をご紹介いたします。ダイバージェンスを、逆張りにはあまり使わない方が良いと思うぼくの解釈も途中でご紹介いたしますね。

では、まず、「ダイバージェンスとは」から見ていきましょう。

ダイバージェンスとは

ダイバージェンスとは、「逆行現象」や「逆乖離」と訳されています。

何と何が逆行または乖離しているのかというと、値動きと指標の動きが逆行したり乖離したりしていることをダイバージェンスと言います。

ダイバージェンス|逆行現象とは

MACDというオシレーター系のテクニカル指標を使ってダイバージェンスをご説明いたします。

仮に、実際の値動きが直近高値を更新したとします(前回の高値よりさらに高いレートになった状態です)。

通常であれば、MACDもほぼ同じタイミングで直近高値を更新するはずなのですが、更新しないときもあります。

このように、値動きは高値を更新しているのに、MACDなどの指標は高値を更新できなかった時、それぞれの動きが逆行または乖離しているので、ダイバージェンスが完成していると言います。

逆の時も同じです。値動きは安値を更新しているのに、指標は安値を更新できなかったこともダイバージェンスが完成していると言います。

ダイバージェンスを確認できるのはMACDだけ?

ダイバージェンスが確認できるのはMACDだけではありません。

RSIやストキャスティクスでもダイバージェンスが確認することができます。
RSIについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ダイバージェンスをチャートで確認してみよう

まずは、ダイバージェンスをチャートで確認してみましょう。

下のチャートをご覧ください。

上のチャートでは、値動きが情報しているのに対して、MACDは下がっていますよね。

このように、逆行している状況のことをダイバージェンスといい、ときどきこの現象を確認することが出来ます。

ダイバージェンスは何のサインなのか?

ダイバージェンスが発生している状態とはどのようなサインだと思いますか?

ひとつは、ダイバージェンスは、利食いのサインと言えます。

ですが、ダイバージェンスだけで逆張りのエントリーサインとして活用するのは、危険な時があることを覚えておいてください。

ダイバージェンスは利食いのサインとして使える

ダイバージェンスが利食いのサインであることを、上昇トレンド時のダイバージェンスでご説明いたします。

先ほどのチャートをもう一度ご覧ください。

例えば、値動きが高値を更新している状況では、値動きだけで見ると買いの勢いが強まっていると言えます。

しかし、同じタイミングで、オシレーター系の指標が高値を更新できなかったという状況は、買いの勢いが衰えているということを表しています。

チャートだけ見ていると買いの勢いが強いように見える場面も、オシレーター系の指標が勢いが弱まっていることを示唆しているので、このあと買いの勢いがどんどん弱まっていく可能性があります。

買いの勢いが弱まっていくと、次は高値を更新できずにレートがどんどん下がっていく可能性があります。

ダイバージェンスは、『レートがどんどん下がる可能性があるんで、今のうちに利食いしといた方がいいかもね』と教えてくれているような感じです。

チャートでダイバージェンスが利食いのサインになっていることを見てみよう

次にご紹介する2枚のチャートで、ダイバージェンスが利食いのサインになっていることを見てみましょう。

1枚目のチャートがこちらです。

値動きが上昇方向に対して、MACDは横ばいになっています。

くまた
上昇トレンドの勢いが弱くなってきているんだね。

うさた
弱くなってきている可能性を「示唆」しているんだよ。

確実じゃないから、早合点は禁物だよ。

つづいて、2枚目のチャートを見てみましょう。

こちらのチャートは、1枚目のチャートの続きです。

値動きもテクニカル指標も下降しましたよね。

くまた
さっき横ばいになって上昇トレンドの終わりを示唆していたのが、ホントに下落してきたね。

うさた
ダイバージェンス完成直後はレンジになっているので方向感がつかみにくいけど、ダウ理論が崩れたあたりから下落に転換しはじめているよね。

このあたりは、利確のサインに使えるポイントだよ。

ダイバージェンスが利確のサインに使えることがご理解いただけたかと思います。

ダイバージェンスの注意点|逆張りには気をつけよう

ただ、ひとつ注意してほしいのが、ダイバージェンスが完成してもトレンドの転換が必ず起こるわけではないということです。

このことは、逆張りのエントリーサインとして活用するには根拠が薄いということにつながります。

また、ダイバージェンスが完成したので利食いをしたけど、その後もドンドン高値(下降トレンドなら安値)を更新していくという場合もあります。

うさた
ダイバージェンスは、上位足のトレンドの状況やレジサポライン、チャートパターンなどと合わせて複合的に相場を判断する材料のひとつとして活用してもらえると良いでしょう!

まとめ|ダイバージェンスは利食いサインのひとつ

ダイバージェンスは、新規ポジションのエントリーサインには若干不向きだと個人的に感じています。

RSIなどのオシレーター系テクニカル指標も、利食いの判断に役立つといわれています。しかし、オシレーター系テクニカルの数値だけでは根拠が薄いと感じるときに、ダイバージェンスが完成していると、利食いの根拠が増すので、納得いく利食いになりやすいですよ。

利食いのサインのひとつとして活用することで、利益を最大化させることに向いている数少ないテクニカル分析の方法です。

「利食い千人力」と言われるぐらい利食いは難しいですが、ダイバージェンスを上手に使って利食いのテクニックを上げていきましょうね!

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事