FX用語|移動平均乖離率

移動平均乖離率

移動平均乖離率とは、価格が移動平均線からどれくらい離れているかを表したテクニカル指標です。乖離「率」なのでパーセンテージで表されます。
価格が移動平均線から離れているほど、再び元に戻ろうとする力が働き、価格が移動平均線に近づいていく可能性が高いと言われています。
移動平均乖離率を理解するには「移動平均線」を理解していなくてはいけません。移動平均線について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

移動平均乖離率は、逆張りとして使用されることが多い印象です。
ぼくは、基本的には順張りトレードをおすすめしています。
ダウ理論を基に順張りでトレンドに乗って為替差益を狙うトレードは、FX初心者の方でも取り組みやすいです。

ぼくの移動平均乖離率に対する印象は、ひとつのタイムフレームでは当てはまっているのでそれだけで見ると判断基準になるけど、他のタイムフレームで見ると当てはまっていないことが多い印象です。
「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」と言われています。例えば、下位足で移動平均乖離率が高く出現したとしても、上位足で見ればトレンドが発生したばかりで、そこからさらにトレンドがグングン伸びていくなんてことは、相場の世界ではよく起こる事象です。
移動平均乖離率が参考にされている理由はもちろん納得できるものです。FXでトータルで利益を上げ続けるためには、移動平均乖離率だけに頼らず相場の市場心理を分析していろんな角度から見てトレードする根拠を見つけることが大切です。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。