FX用語|インターバンク直結方式

インターバンク直結方式

インターバンク直結方式とは、FX会社のディーラーを介さない取引方式のことで、NDD方式とも呼ばれています。
NDD方式についてはこちら:FX用語|NDD方式
インターバンク市場の金融機関と直接取引することをインターバンク直結方式(=NDD方式)と言います。

インターバンク市場で取引している金融機関は複数あります。複数ある金融機関がレートを提示するのですが、その中で最も有利なレートで取引できます。

インターバンク直結方式(=NDD方式)のFX会社は、個人投資家から注文が入ったら、ディーラーを介さずに複数の金融機関が提示した最も有利なレートに自動でカバーする仕組みになっています。

ディーラーの介入する余地がほとんどないため、レートの透明性が非常に高い方式だと言われています。

インターバンク直結方式(NDD方式)のFX会社は、顧客(=個人投資家)が儲かるとFX会社も儲かるということから、個人投資家とFX会社がWin-Winの関係性の方式です。レートの透明性が高いということは、FX会社が個人投資家から得られる収入減は、スプレッドや手数料以外にないということです。つまり、長く使ってもらえれば、その分のスプレッド差や手数料を得られるため、FX会社としてはできるだけ個人投資家に勝ってもらって長くトレードしてもらいたいという意向なのです。
「手数料」と書いていますが、トレードで手数料が必要なコースと手数料が必要ないコースがあります。手数料が必要ないコースは、スプレッド差のみがFX会社に支払うコストになります。
例:XMTradingの場合
手数料がいらないコース=スタンダード口座・マイクロ口座
手数料が必要なコース=Zero口座

国内FX会社は、ほとんどがDD方式というディーラーが介入している方式になります。その分、スプレッドはNDD方式よりも狭いです。DD方式にはディーラーによるレートの操作の噂があったりなかったり・・・。レート操作が気になる方はNDD方式がおすすめです。

ぼくは、基本がデイトレードなんですけどデイトレードの時はDD方式の国内FX会社を使っています。スイングトレードの時だけNDD方式の海外FX会社を使っています。(スイングトレードで海外FX会社を使う一番の理由はマイナス残高リセットがあるからです)
詳しくは追証の記事をご覧ください。FX用語|追証

インターバンク直結方式(NDD方式)には、ECN方式STP方式の2種類があります。2つともDD方式と比べるとレートの透明性が高い取引になります。
FX用語|ECN方式
FX用語|STP方式
ちなみにXMTradingは、ECN方式とSTP方式のどちらも用意しています。
参考:XMTradingの場合
手数料がいらないコース=スタンダード口座・マイクロ口座=STP方式
手数料が必要なコース=Zero口座=ECN方式

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。