FX用語|オシレーター系

オシレーター系

オシレーター系とは、チャートのテクニカル分析方法のひとつです。チャートのテクニカル分析を大別すると2つに分類することができ、オシレーター系テクニカル分析とトレンド系テクニカル分析に分かれます。

代表的なオシレーター系テクニカル分析指標は、MACD、ストキャスティクス、RSIなどが挙げられます。
FX用語|RSI

オシレーター系テクニカル分析の特徴は、「買われすぎ」や「売られすぎ」を計る分析方法です。相場の勢いの強さや過熱感がグラフなどから読み取れるので、エントリーや利確の判断材料として使用されます。

ただ、妄信的にオシレーター系のテクニカル指標を信じてエントリーや利確をするのはおすすめしません。判断材料のひとつとして上手に利用しないと、オシレーター系の指標に振り回される可能性が高くなるからです。
例えば、MACDがゼロラインを越えてゴールデンクロスしたからといって、必ず上昇してくるとは限らないのですし、ストキャスティクスが80%に到達したからといって逆張りでエントリーしても、さらにレートが上昇して損切りになることなんていくらでもあります。

オシレーター系テクニカル分析に振り回されないようにするためには、オシレーター系指標以外の根拠を相場から読み取ることが大切です。
市場心理を読み解くにはダウ理論を理解することは必須です。FXで収益アップを目指すなら、勉強が苦手でもダウ理論はしっかり覚えておいてください。そのベースが出来上がった上でオシレーター系テクニカル分析を参考として活用するようにしましょう。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。