FX用語|押し目(押し目買い)

押し目

押し目とは、上昇トレンドの中で、一時的に下落しているところを「押し目」(または、単に「押し」)と呼ばれています。
押し目は、トレーダーから売買ポイントのひとつとして認識されていることが多いです。上昇トレンドに乗るために、一旦レートが下落してくる押し目を狙って「買い」でエントリーすることを「押し目買い」と言います。ぼくもよく使う売買ポイントです。

押し目を使って上手くエントリーできれば、損切りも浅く設定することができますし、順張りで利益を伸ばしやすいと思います。押し目買いはトレードの基本ですので、トータルでプラス収益を目指すなら、ぜひ押し目買いの自信を高めてほしいと思います。

ただ、盲目的に押し目に頼ってエントリーすることはリスキーな場面もあることを覚えておきましょう。その理由を簡単な例えでご説明いたします。
最初にご説明したように、押し目は一時的に下落しています。上昇トレンドの中でレートが下落してきたのを見て『押し目だから再び上昇してくるであろう』という根拠だけで「買い」でエントリーするのは、エントリー根拠が薄い場合もあります。下落しているということは「買い勢力」よりも「売り勢力」が強い場面とも言えます。「売り」の勢いが継続すれば、そのまま下落していく可能性があるので、押し目だけに頼ってエントリーするのはリスキーなこともあるので注意しましょう。

ぼくはFX初心者の頃、よく押し目買いで失敗していました。
押し目だと思ってエントリーしたものの、そのまま損切りになってしまい、結果として損切り貧乏になってしまっていたのです。その頃は、まだまだトレードに未熟で値ごろ感でトレードしてしまっていたので、エントリーが早すぎたので損切り貧乏になっていました。同じような経験をしておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
押し目買いが上手くできない方は、水平線などを使ってエントリーの根拠を増やすのも有効な手段だと思います。ダウ理論に基づいてチャートを分析したときに、上昇トレンド継続が確定している根拠が多いほど、押し目買いが有効な手段として生きてきます。

「押し目待ちに押し目なし」という相場格言がありますが、トレンドフォローの波に乗るチャンスを見つけるためにも、マルチタイムフレームで相場の環境をとらえて近視眼的なトレードにならないようにすることも大切です。
押し目以外のエントリー根拠となる要素をチャートから見つけることで、メンタルコントロールもしやすくなります。トレードの基本である押し目買いをぜひマスターしてくださいね。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。