FX用語|仲値

仲値

仲値(なかね)とは、銀行の窓口で提示されているレートです。
FXをしている方は、レートが常に動いていることはご存知かと思います。
銀行では、日本時間の午前10時前にインターバンク市場の水準を参考にして、その日顧客に対して提示するレートを決めるのですが、それが仲値です。
仲値の英語名は、Telegraphic Transfer Middle rateと言い、英語名を略してTTMとも呼ばれています。

FXのトレードでは、東京時間(もしくはアジア時間)の午前10時ごろが仲値の時間です。仲値の時間帯は、東京時間の中では比較的動きの見られる時間帯です。
1日を通して見ると、コアタイムが最も盛り上がる時間帯です。ロンドン時間とニューヨーク時間が交差している時間で、市場参加者も多くトレンドが発生しやすいです。

時間帯によって為替市場には特徴がありますので、特徴を捉えておくとトレードする時の判断材料になりますよ!
こちらの記事で仲値についても解説しています。ぜひトレードの時間帯特徴の記事もご覧ください。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。