FX用語|ポジポジ病

ポジポジ病

ポジポジ病とは、トレードをしたいあまりに無駄なポジションまで持ってしまうことをポジポジ病と言います。ポジションを持っていないと不安な気持ちになってしまうことでポジポジ病になってしまうトレーダーがいて、特にFX初心者の方に多いです。FX未経験の方にとっては不思議な現象かもしれませんね。

ざっくりとまとめてしまうと、ポジポジ病になる要因はFXでメンタル管理ができていないことが原因で起こります。
トレードをしていると、「勝ちたい」「儲けたい」という欲が出てきてしまいます。ポジションを持てば必ず儲けることが出来て、欲が満たされるといいんですけど、実際はすべてのトレードが上手くいくわけではありません。

頭で分かってはいるけど、一度ハマったらなかなか抜け出せないのがポジポジ病。厄介ですよね。ぼくも昔経験があります。
「勝ちたい」「儲けたい」という欲が強すぎたり、負けトレードになってしまったら取り返したくなったりしたときに、エントリー根拠が薄いところでポジションを保有してしまったりして、負けトレードを繰り返してしまいます。

たくさんポジションを持っていると、たまに微益の勝ちトレードになっちゃうときがあるんですよね。それが変な自信になってしまうとポジポジ病を克服するのがさらに困難になります。
根拠の薄いトレードだったのに、たまたま利益が出ちゃったんで、そのトレードがベストプラクティスとして蓄積されます。それを同じようにトレードすると負けちゃうことが多くなるんですけど、当の本人は勝てたトレードと同じことをしているのに何故勝てないのかわからなくなる。でも、もう一度勝ちの感覚を味わいたくて同じようなトレードを繰り返してしまう。でも負けてしまう。しまいにはイライラしてきたりしちゃうときには、もうメンタルがブレブレです。気づけばポジポジ病のスパイラルにハマっちゃっているケースです。

FXでは、ポジポジ病から抜け出さないとトータルでプラス収益にすることはできません。FXを正しく学んで損小利大のトレードを習得しましょう。You&FXには、たくさんの情報やヒントがありますよ!ぜひたくさんご覧になってください!

歴史に学ぶ
相場心理を読み解くことを理解する

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。