FX用語|Bid

Bid

Bidとは、プライスを提示する側の買い値のことをBid(ビッド)と言います。反対の意味の言葉は、Ask(アスク)です。

個人投資家はFX会社に注文を行いますが、プライスを提示しているのはFX会社になります。FXでは、一般的にAskとBidの2wayプライス方式で売値と買値が表示されています。
例えば、同じ国内FX業者でもスプレッドに差が合ったり、急激な相場の変動によってスプレッドが大幅に乖離することもあります。
AskとBidを細かく見ていると、FX各社のサービスなどによって、同じタイミングでもFX各社が提示している売値や買値に誤差が発生している場合があります。このため注文を出すFX会社とは別のFX会社が提示している売値や買値を見て注文を行ったとしても、注文を出したFX会社が提示しているプライスで売買を行っていますので、成行注文は特に注文を出すFX会社のAskやBidを確認してから注文を出すと良いでしょう。

ちなみに相場が開いている時は、BidとAskともにレートが常に変動しています。レートが動くことによって為替差益を生み出すことができ、FXで利益を上げることが出来ます。思惑と反対方向にレートが進んでしまったときは、為替差損になって資金が減ってしまいます。

スプレッド幅が狭いと、ポジションを保有したレートから為替差益までの幅が狭いことになるので、利益になりやすいと言えます。スプレッド幅の設定はFX会社によって若干異なってくるので、比較検討したい場合はこちらの記事をご覧ください。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。