FX用語|フェイバー

フェイバー

フェイバーとは、含み益のことです。
対義語は、アゲインストという含み損が出ていることです。

含み益なので、利益を確定する前の状態のことになります。

「利食い千人力」という相場格言があります。昔から言われていることですが、損切りよりも利食いの方が難しいです。これはぼくも長年FXをやっていて、今でも利食いは難しいと感じます。

フェイバーの状態になると、どうしても欲が出て利益を逃したくない気持ちが出てきちゃいませんか?利確目標を定めてエントリーしててもプロスペクト理論の心理状態との闘いですよね。「今の含み益がこのあとマイナスになったらどうしよう」と考えると、今すぐ利確したくなっちゃうときがあります。

例えば、フェイバーの状態で10万円まで含み益が伸びたとしても、レートが急変して―10万円で決済確定してしまったら―10万円の為替差損になってしまいます。逆に、レートがさらに伸びていってトレールし続けたら10万円以上で利確できるかもしれませんよね。

別の例では、「フェイバーが10万円まで伸びた後、相場の流れが変わってプラス8万円で利確したとします。一旦10万円まで含み益が伸びたのを見てしまっているので、『2万円損した』ような気持ちになってしまった」これに似た経験をしたことはありませんか?
そんな経験をしてしまったら、「今度は早めに利確しよう」と思って利益決済すると、利確した後もドンドンレートが伸びていって、「利益が出たのにそれはそれでなんだか悔しい」なんてこともあるかと思います。

利確って際限なく狙おうと思えば狙えるので、タイミングがホントにむつかしいと感じるときです。
フェイバーは含み益が出ている状態なので嬉しいことなんですけど、確定するまでは悩ましい状況でもありますよね。

自分のベストなレートで利確するためにも、エントリー前に利確ポイントをしっかり設定しておきましょう。フェイバーでメンタルコントロールができるようになれると、トータルで損小利大のトレードまであと少しですよ!

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。