FX用語|リクイディティ

リクイディティ

リクイディティとは、流動性のことをリクイディティと言います。
どれくらい盛んに取引が行われているか、ということを表しています。

例を使ってリクイディティを簡単に解説していきます。
あるモノが売買されるときには、売り手と買い手がいます。取引が行われるには、売り手と買い手の両者が合意できる価格があって成立します。

まずは、リクイディティが低い場合です。
例えば、あるモノを売りたいと思っている売り手が10人いるとします。売り手10人全員が売価100円を提示しています。
このモノを買いたい買い手も10人いるとします。買い手10人の内9人が『90円以上は高くて買えない』と思って買いませんでした。買い手の内ひとりだけ『100円でもいいか』と思って買いました。取引はひとつしか成立しませんでした。

上記の例よりもリクイディティが高い例が以下になります。
同じ例えですが、売り手が10人が提示している売価は、すべて90円を提示しており、売り手10人分全部取引が成立したとすれば、ひとつしか取引が成立しなかった時に比べて、リクイディティが高いと言えます。

端的な例ですが、リクイディティは上記の例のような流動性のことを表しています。
ボラティリティと似ていますが、ボラティリティとリクイディティの意味は異なります。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。