FX用語|レバレッジ

レバレッジ

レバレッジとは、てこの原理のことをレバレッジと言います。

FXは、てこの原理であるレバレッジを使うことによって、預けている証拠金よりも大きな資金を運用して投資することができます。

レバレッジを大きくすると、投資の効率が上がりますが、損失額も増大するリスクが高まりますので、レバレッジは上手にコントロールしましょう。
あらかじめ許容損失額を決めておき、トレードごとに設定する損切りが許容損失額の範囲に収まるようにトレードすることを徹底していれば、ハイレバレッジになりすぎることを抑えてくれます。FXで勝てるようになるまでは、許容損失額は、資産の1%以下にすることをおすすめします。

レバレッジの仕組みを簡単に説明いたします。
例えば、保証金として100万円を預けているとします。
仮に、レバレッジがかけれない投資であれば、1ドル100円の時、1万ドルの取引までしかできません。
1ドル100円の時に1万ドルの買いポジションを保有して、1ドル101円になった時、1万円の利益になります。
しかし、保証金額は同じでもレバレッジをかけることによって大きなポジションを保有することができます。
1ドル100円の時に5万ドルの買いポジションを保有していれば、1ドル101円になった時、5万円の利益になります。
このように、レバレッジを効かせることで投資効率を上げて取引することが可能です。

レバレッジに対する規制は、国によって法律が変わります。
日本は、レバレッジ25倍までという規制があります。ひと昔前まではもっと高いレバレッジをかけれたのですが、投資家を守る観点から外為法が改正されて、現在日本ではレバレッジは25倍というルールになっています。国内のFX会社はすべてこのルールに基づいています。

海外ではレバレッジが高いFX会社が多いです。ぼくが使っているXMTradingは、レバレッジ888倍までかけられるFX会社です。もちろん、そんなハイレバレッジでトレードはしません。

ぼくは、国内FX会社も海外FX会社もどちらも利用しています。
ですが、どちらもレバレッジ25倍なんて高いレバレッジをかけることはありません。せいぜいレバレッジ10倍までぐらいです。海外FX会社は、日本のFX会社より高いレバレッジをかけることができますが、レバレッジ25倍でも結構ハイリスクということを覚えておいてください。

ぼくが海外FX会社を利用するのは、レバレッジとは別の理由です。
詳しくは、追証かこちらの記事をご覧ください。

レバレッジの怖いところは、レバレッジを高く設定することによって、1回のトレードで大きな損失を出してしまうところにあります。
大きな損失の怖さを知っていただくために、下の例をご覧ください。
例えば、資金100万円でスタートし、資金の半分に相当する50万円を利益で得たとします。この時、資金は150万円になっています。
次のトレードで、資金の半分に相当する75万円を損失してしまったとします。この時、資産は75万円になっています。
さらに、次のトレードで、資産の半分に相当する37万5千円を利益で得たとします。この時、資産は112万5千円です。
さらに、次のトレードで、資金の半分に相当する56万2,500円を損失してしまったとします。この時、資産は56万2,500円になっています。
さらに、次のトレードで、資産の半分に相当する28万1,250円を利益で得たとします。この時、資産は84万3,750円です。
さらに、次のトレードで、資金の半分に相当する42万1,875円を損失してしまったとします。この時、資産は42万1,875円になっています。

お判りでしょうか?極端な例ですが、勝率は50%なんです。勝率は五分五分なのに、常に資産の半分で勝ち負けを繰り返していると、トータルで負けてしまいます。
5回目のトレードで勝ってますが、スタートした100万円よりも約16万円少なくなっています。6回目のトレードでは、もともとあった資産の半分以下になっています。
こうなると、トレードでもともとあった資産まで戻すことは極めて困難なのです。
現実離れした例に見えますが、ハイレバレッジをかけると意外と現実的な例になります。人はどうしてもプロスペクト理論が発動するので、ハイレバレッジでトレードしていると、もっと早く資産を失ってしまう可能性を十分に秘めています。

だから、勝てるようになるまではレバレッジを抑えてトレードすべきなんです。正直、勝てるようになるまでは、辛いと感じることも多いかもしれませんが、勝てるようになってから徐々に投資額を増やしていくと、思い描いている「FXで稼ぐ」イメージにかなり近づけます。
FXで稼ぐ境地に辿り着くまでに待ち受けている事象として、大人になって一生懸命学習しても、負けを繰り返していると努力が一向に報われないと感じてしまう上に、トータルで勝てないので資金がドンドン減っていってしまうことが想定されます。
勝てるようになるまでは、超えなきゃいけない壁があることを理解する意味においても、レバレッジを抑えてトレードすべきなのです。

勝てるようになるまで、レバレッジを抑えてトレードするには、資産を増やすか取引額を少なくするかのどちらかです。
FX未経験やFX初心者の方には、取引額を少なくすることをおすすめします。最初はデモトレードで練習するのも使い方を知れるので、メンタル管理以外は良い練習になります。

操作方法がわかったら、ものすごく小さくてもいいので、リアルトレードをすることがメンタル管理の成長につながります。
いつも1トレードの許容損失額は資金の1%以内に抑えることをおすすめしていますが、許容損失額が1%以内であれば0.1%でも0.01%でもいいと思います。最初の内は、連敗して資金が減っていくことまで想定したリスクマネジメントをしておくと、トレードスキルの習得に集中して腕を磨くことが出来るでしょう。

そうなると、用意する資金にもよりますが、1万通貨以上でしかトレードできないFX会社よりかは、1万通貨以下でトレードできるFX会社を選んだ方が練習するチャンスが増えます。

取引単位が1万通貨のFX会社は、ポジションを保有するには1万通貨以上保有しないといけないのが条件となります。米ドル/円が1ドル100円の時に1万通貨を1ロット保有したとすれば、1円の為替変動で±1万円です。
20pipsで損切りしたら-2,000円で、単純計算すると10連敗で―2万円です。
国内FX会社で最もおすすめは、GMOクリック証券DMM FXの2社です。特にGMOクリック証券は様々な機能がどれもハイスペックなのでおすすめなのですが、どちらも1万通貨からの取引になりますので、ある程度資金に余裕がある方や、小ロットで損切りを徹底できる方、また、トレードに慣れてきた方にはおすすめです。

これに対して、1,000通貨から取引できるFX会社では、同じ条件で1,000通貨1ロットでトレードした場合、1円の為替変動で±1,000円です。これならレバレッジもかなり低く設定できそうですね。
20pipsで損切りしたら-200円で、これを10連敗しても-2,000円です。練習するチャンスが増えそうですね。
先ほど、ぼくが海外FX会社のXMTradingを使用しているご紹介しましたが、XMのマイクロ口座は1,000通貨からトレードできます。XMは、国内FX会社にはないマイナス残高リセットシステムもあるので、スイングトレードをチャレンジしやすい環境が整っているので非常におすすめです。
XMTrading公式ホームページ
国内FX会社のスプレッド比較では、みんなのFXやLIGHT FXがスプレッドが狭い上に1,000通貨で取引できるので、コスト的に見て業界最狭水準です。
みんなのFX公式ホームページ

さらに取引単位を小さくしたいときは、100通貨や1通貨で取引できるFX会社もあります。
1通貨で取引できるFX会社でも、同じ口座で1,000通貨や1万通貨以上の取引ができます。慣れてくれば取引単位を上げていけばいいですし、勝てるようになるまでは小さい取引単位でスキルを磨いていけます。
1通貨で取引できるFX会社は少ないので、OANDA JapanSBI FXトレードぐらいに限られます。
OANDA Japanは、FX会社スプレッド比較でStep3まで残っていたFX会社で、オアンダ独自のオープンオーダーなどの機能やメタトレーダー4というプラットフォームを搭載されているので、1通貨で取引しない方にも他社にはないメリットがたくさんあるのでおすすめのFX会社です。
OANDA Japan公式ホームページ

レバレッジはてこの原理です。このてこの原理を利用すれば、効率的に資産を増やしていくことができます。
レバレッジを上手に使うには、トレード成績がトータルプラス収益になってからレバレッジを上げていくのが一番です。勝てない内からレバレッジを上げると、大きな損失になってしまいます。
トータルで勝てるようになるまでは、取引単位を少なくして、レバレッジを低くしてトレードするようにしましょう。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。