FX用語|レンジ相場

レンジ相場

レンジ相場とは、一定の値幅でレートが動いている相場のことをレンジ相場と言います。

レンジ相場は、ボックス相場とも呼ばれています。
FX用語|ボックス相場

レンジという言葉は「範囲」という意味を持っています。レンジ相場は、同じ範囲を上下しています。
その範囲は箱のようにみることができるため、ボックス相場とも言われています。

レンジ相場では、レートの上限と下限があります。
レンジの上限を、レジスタンスライン、または上値抵抗線と呼び、レンジの下限をサポートライン、または下値支持線と呼びます。
FX用語|レジスタンスライン
FX用語|サポートライン

レンジ相場での戦略は、レンジ内での逆張りエントリーやレンジのブレイクアウトを狙ったブレイクアウト手法が代表的です。

レンジ内で逆張りをするときのポイントは、レンジ幅のボラティリティが見込める場合が損小利大を見込みやすいです。レンジの幅が小さいときは、ブレイクアウト後の大きな波を狙う方が損切り幅に対してより大きな利益を狙えます。

レンジのブレイクアウトを狙う時のポイントは、ブレイクアウトしてトレンドの波が発生したことを確認してからエントリーすることです。
レンジから出た瞬間にエントリーするとダマシに合う可能性があるので、ダマシを極力回避するためにブレイクアウトしたことを確認してからエントリーするようにしましょう。
ブレイクアウトしたかを確認する方法として、水平線のレジサポ転換が挙げられます。例えば、レンジ相場を形成していたレジスタンスラインを上抜けた後、サポートラインとしての機能を果たしたことが確認できればレジサポ転換して、上昇トレンドになる可能性が高いです。上値抵抗線をブレイクして、レンジの方へ戻ってくるも、これまでレートが上昇するのを食い止めていたラインで押し目を作って上昇していくところを捕まえると、損切り幅も浅めで利益幅が大きく見込めるエントリーになりやすいです。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。