FX用語|ローソク足

ローソク足

ローソク足とは、相場の一定の期間において、4本値と呼ばれる「始値(はじめね)」「高値(たかね)」「安値(安値)」「終値(終値)」を用いて、蠟燭(ろうそく)のような棒状の形で表されたものです。

ローソク足は、日本発祥のテクニカル分析の指標です。
江戸時代に、本間宗久(ほんまそうきゅう)という米商人が大阪の堂島で米取引に使用していたと言われています。今では、ローソク足は世界中で広く使われている非常に優れたテクニカル指標です。

このローソク足を使ったチャートが、ローソク足チャートになります。

ローソク足には、市場参加者の心理が表れていることが多いので、ローソク足のプライスアクションやチャートパターンなどから市場心理を読み取り、損小利大のトレードを増やしていって、トレードでトータルプラス収益を目指していきましょう。

当サイトで掲載しているすべてのFX用語は執筆時点で最新のものですが、常に最新の内容であることを保証しかねますので予めご了承ください。

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。