海外FX会社に多いNDD方式と国内FXのDD方式(OTC取引)との違いは?NDD方式とDD方式の基礎知識をご紹介します!

こんにちは!うさたです!

「FXの仕組みを知りたいけど、ホームページで見ても何が違うのかよく分からない」といったことってないですか?

ぼくは、FX会社の仕組みの中でも、海外FXと国内FXの違いでよく登場する「NDD方式とDD方式(OTC取引)の違いについて理解するのは、けっこう時間がかかりました。

うさた
でも、理解出来たらFX会社選びに役立ちました!

本記事では、「NDD方式とは何か」「DD方式とは何か」に加え、「NDD方式とDD方式(OTC取引)の違い」をピックアップしてご紹介しています。NDD方式やDD方式(OTC取引)は、FX未経験の方やFX初心者の方にとっては、とっつきにくい内容だと思いますので、なるべくコンパクトにまとめてみました。ぜひ最後までご覧ください。

海外FXでよく聞くNDD方式とは?


NDD方式とは、None Dealing Desk(ノンディーリングデスク)の略で、インターバンク市場の金融機関と直接取引する取引方式です。

別名、インターバンク直結方式とも呼ばれていて、FX会社のディーラーを介さない取引方式になります。

NDD方式の仕組み


NDD方式の仕組みは、複数の金融機関が提示するレートの中で、最も有利なレートがトレーダーに提示されています。

トレーダーは、そのレートで注文を出すという仕組みです。

トレーダーからの注文に対してFX会社が自動的にカバーする仕組みとも言えます。

国内FXに多いDD方式(OTC取引)とは?


NDD方式の反対は、DD方式(ディーリングデスク方式)またはOTC取引(オーバー・ザ・カウンター取引)という取引方式があります。

国内FX会社の多くがDD方式(OTC取引)のFX会社です。

DD方式またはOTC取引(方式)とは、いわゆる相対取引のことです。

OTCは「Over The Counter」の頭文字に由来しています。銀行などの店頭カウンター(Counter)越しに取引するからです。

このため、OTC取引は、店頭取引とも呼ばれています。

DD方式(OTC取引)と取引所取引

FX(外国為替証拠金取引)では、「OTC取引(または相対取引)」と「取引所取引」の2種類があります。

国内FX会社は、通常OTC取引に当たります。

国内での取引所取引は『くりっく365』が挙げられます。

DD方式(OTC取引)の仕組みと特徴

DD方式(OTC取引)は、取引所を介さない取引方法です。

このため、DD方式(OTC取引)のメリットとしては取引所取引に比べてスプレッドが狭いことなどが挙げられる反面、取引所を介していないのでレートの決定に対して不透明なところがあるという話もあります。

OTC取引の別名

OTC取引のもう一つの別名が、DD方式です。

「DD」はDealing Desk(ディーリングデスク)の頭文字で、ディーラーを介する取引方法のことです。つまり、OTC取引と同じになります。

  • 国内FX会社が、DD方式(=OTC取引⋆くりっく365除く)
  • 海外FX会社が、NDD方式

すべてに当てはまるわけではありませんが、こちらが覚えやすいかと思います。

NDD方式とDD方式(OTC取引)の違い


ここからNDD方式とDD方式(OTC取引)の違いを見ていきましょう。

  • 顧客との関係性
  • システムの仕組み
  • スプレッド

こちらの3点が特徴をとしてあらわれているといえます。

NDD方式とDD方式(OTC取引)の違い【顧客との関係性】

DD方式は、トレーダー(FX会社の顧客)と利益が相反関係にあるのに対して、NDD方式は利益相反が起こらない方式です。

つまり、NDD方式では、私たちトレーダーが儲かれば儲かるほど、FX会社も儲かる方式になっています。FX会社と私たちトレーダーが、いわゆるWin-Winの関係だということです。

NDD方式とDD方式(OTC取引)の違い【システムの仕組み】

NDD方式は、DD方式と異なり、インターバンクで提示されているレートをそのまま提示するため、FX会社のディーラーが介入しないことを意味しています。

「ノンディーリングデスク」とは、FX会社のディーラーが介入していないという意味と言っても過言ではありません。

このため、噂で聞くようなFX会社のディーラーによる『ストップ狩り』など、DD方式について回るマユツバ物のレートに関する不透明な噂を聞いたりすることがあるのですが、NDD方式のFX会社ではディーラーが介入していないため、こういった話を聞くことがありません。

NDD方式とDD方式(OTC取引)の違い【スプレッドの違い】

一般的にNDD方式は、取引の透明性がDD方式に比べて非常に高いですが、DD方式に比べてスプレッドが若干広いです。

世界で最も取引されているユーロ/米ドルのスプレッドで比較してみると、国内FX会社のほとんどが採用しているDD方式の業界最狭水準は0.3~0.4pipsに対して、NDD方式を採用しているXMは平均1.6pipsなので、わずか1.2~1.3pipsのスプレッド差しかありません(*2019年1月現在 大手FX各社のHP参考)。

海外FXのNDD方式補足


スイングトレードなら、そこまで気にならない程度のスプレッド差なので、日本人トレーダーでNDD方式を採用しているXMのような海外FX会社を愛用しているトレーダーも数多くいらっしゃいます(ぼくもそのひとりです)。

特に海外FX会社では、マイナス残高リセットがあるので、スイングトレードをする方はリスク管理として海外FX会社を利用することをとてもおすすめいたします。

まとめ

NDD方式は透明性の高い取引システムですが、DD方式(OTC取引)がダメというわけではありません。国内FX会社は、しっかりとしたサービスを提供している会社が生き残っていく時代ですので、大手のFX会社などは、しっかりしていますのでご安心ください。

大事なことは、あなたがFXでどんなトレードがしたいかということ。チャートにべったり張りつくスキャルピングと、何日もポジションを保有したままのスイングトレードでは、それぞれに適した仕組みがあるので、ひとまとめにして『これがおすすめ!』といえないものです。

ただ、追証とマイナス残高リセットについては、好みが分かれるポイントだと思いますので、国内FX会社と海外FX会社のどちらにするか迷ったら、トレードスタイルによって選ぶ方が賢明だと思います。

リアル口座をつくるのは、デモトレードで自信がついてからFXをやる価値があるかどうかを判断するのがおすすめです。

FXなびは、あなたに合ったFX口座を選んでくれる機能もありますよ。無料なので、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

【無料】FXなび|トレードの練習を無料でしたい方はこちら!
FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー

FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー

GREEN MONSTER .INC無料posted withアプリーチ

DMM FX|あなたは今のFX会社で満足していますか?

FX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMMFX

①FX業界最狭水準のスプレッド
②未経験者から上級者まで使いやすさを追求した取引ツール
③現金化できるポイントシステムの導入
④カスタマーサポートも充実で初心者も安心
⑤安心安全の『全額信託保全』導入済み
⑥業界初『時事通信社』ニュース配信

FXで最高の成果を上げるには、FX会社選びが重要。
DMM FXは、FX口座数『国内第1位』2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
あなたも抜群に使いやすいチャートで収益アップ!まずはデモ口座から。

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事